CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOIARCHITECTS OFFICE
南アルプスを臨むセカンドハウス (小淵沢の家)
020.jpg
今年の春に完成した小淵沢の別荘リノベーション。
先日、写真撮影のためカメラマンの小林氏と現地に行ってきました。
撮影当日は施主のOさんも現地にいらして
事前にインテリアを整えてくださったご様子。ご協力に感謝します。
外観はヨーロッパの古民家のような牧歌的なスタイル。
リノベーションでは外観にはほとんど手を加えず、
今後も維持していくために必要な補修工事のみ行っています。

001.jpg
内部は冬の寒さを改善するため、セルロースファイバーによる断熱補強を行うとともに
水回り設備の変更や床暖房の設置など性能面で大幅なレベルアップを計っています。

009.jpg
インテリアは外観同様ヨーロッパの古民家的なスタイルから、シックで現代的な
インテリアデザインに一新しました。間接照明やペンダントライトなど、夜の光を華やかに
演出するとともに、光が柔らかく、美しく見えるよう壁や天井の色を決めています。

014.jpg
もともと和室だった場所をサロン的なリビング空間に変更しました。
天井の梁を隠すためにつくった低い天井が、ほどよい落着きを生んでいます。
古いアルミの窓を見せたくなかったので、内側に障子を入れてインテリア全体を統一して
見えるようにしています。

障子は両側の壁の中にすべて引き込むことができるので、開ければ外の景色も存分に楽しめます。
今回の障子の升目は少し大きめの割り付けとし、桟もあえて太めにデザインしました。
スウェーデンのソファのもつ素朴な雰囲気との調和や、都会にはない別荘ならではの雰囲気
づくりも大切にしました。

017.jpg

007.jpg
新たに加えられた玄関の内扉。
さきほどの障子と同じく、室内から玄関ドアを意識させないため
のフィルターであり、寒さ対策としても有効な内扉です。
右が玄関、左はパントリースペース。光や視線は抜いて、
全体の開放感は失わないようにしました。

018.jpg
家具で制作した洗面化粧台と鏡収納。
別荘のパウダールームとしてあえて暗めの照明にしました。

019.jpg
非日常的な別荘ならではのトイレ空間のデザイン。
トイレもサプライズ空間に!デザインを決めるときには
施主のOさんと大変話が盛り上がりました(笑)
間接照明の鋭角な光が、壁をアートのように見せています。

切実な寒さ対策からはじまった今回の別荘リフォーム計画。
施主さんのセンスと、私のアイデアを存分に出し合いながら
とても素敵なリノベーションができました。
今度はオールシーズン、また来たいと思うセカンドハウスに
生まれ変わったと大変喜んでいただきました。

写真撮影:ケイ・エスト・ワークス 小林勇蔵


 
posted by Toki Tsuboi | 19:48 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
小淵沢別荘リフォーム
K9.JPG
山梨県小淵沢でリフォームプロジェクトが完成しました。
南アルプスを臨む良好なロケーション。
約30年前に建てられたドイツの古民家を思わせる別荘建築です。
親世代から引き継いだ別荘を、更に次の世代にも引き継いでいくために、
あえて新築ではなくリフォームで残したいというご依頼をいただきました。

デザインはクラシックな要素とモダンで端正な空間との調和を意識しました。
配色や照明のデザインなどは、ここに置かれる家具や思い出の品々、
施主のライフスタイルの背景となるように注意深く選定を行っています。

内部はあえて古民家的なイメージに傾倒することや
流行のリゾートデザインを持ち込むことは控え、
次の世代にも永く使い続けていくために、タイムレスで
できるだけ飽きのこない空間づくりの方向性を目指しました。

K3.JPG
新たにこの場所に追加されたカウンターキッチン。
木製のオリジナルキッチンです。
K10.JPG
ペンダントライトと間接照明で柔らかい光の演出
K4.JPG
和室から和モダンのリビング空間に更新。
内障子は18ミリの桟で組み、素朴で骨太な格子割と
障子紙とのほどよいバランスでデザインをまとめました。
スウェーデン製のソファともとても相性がよいです。
K1.JPG
冬の寒さ対策で設けられた玄関の内扉。深いブルーでアクセント。
手前のキッチンカウンターは水平面として重い感じにならないように、
薄い板が浮いているのように表現しました。

K6.JPG
トイレ内部のインテリア。背面壁のブルーと間接照明のシャープな
光で、ジェームズ・タレルのような異次元的な空間となりました。




 
posted by Toki Tsuboi | 21:59 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
つくばの家(みんなの家)が完成しました。
クリニックの隣りに、つくばの家(みんなの家)が完成しました。
外観1のコピー.jpg
紅と白のボリュームをもつキュートな外観。
深いひさしのある縁側は、この家の2つのボリュームをとりもつ緩衝地帯。
玄関であり、縁側であり、外のリビングのような場所。
内と外の空間を緩やかにつなげる日本の伝統的な空間です。

外観2のコピー.jpg
紅い切妻屋根の中は一体どんなふうになっているのでしょう。。
こどものころに感じたそんなワクワク感を大切に。。

デッキ1.jpg
雨でもちょっと立ち話ができたり、
暑い日は日陰で涼んだり、外でご飯をたべたり、
水遊びをしたり、ハンモックでお昼ねしたり・・
丸太の柱の間をぐるぐる回ったり。。
生活の余白を楽しんでみよう。

続きは次回。。
posted by Toki Tsuboi | 21:52 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
コミュニテイクリニックが完成しました。
001.jpg
茨城県つくば市で「コミュニティクリニック」が完成しました。
ここはメンタルクリニックで現在もつくばで開業しています。
クリニックの性質から「住宅のような居心地のよいクリニックにしてほしい」という院長からのリクエスト。
当方の住宅設計の経験を存分に生かしながら「暮らしの中にあるクリニック」という
コンセプトで設計をすすめてきました。
003.jpg
実は設計を開始したのは今から約3年前。。
さまざまな事情があり、3年の時を経てこのクリニックは完成しました。
院長やスタッフの方々はもちろん、私にとっても本当に完成を待ちわびたクリニックです。
完成までに協力をしてくださったすべての方々に心から御礼を申し上げたい。

011.JPG
各部屋を少しだけご紹介。ここはクリニックの待合室。
気軽に相談できる友人の家のように。住宅のリビングをイメージした待合室となりました。
くつろぎながら「待つ」ことも大切な時間です。

009.JPG
診察室の内部について、色は人の心理にさまざまな印象を与えます。
白が多くなりがちなクリニックの空間ですが、できるだけ緊張が和らぐ場所にしたかったので、
あえて診察室は色のある空間とし、相談者の方にはリラックスしてお話ができるように配慮しました。
照明も暖色系ものを基本とし、心に不可のかかりにくい環境を整えています。
空間だけでなく、「心のバリアフリー」を目指しました。

006.JPG
ここは身体を動かすためのリハビリテーションルーム。
簡単な運動から、本格的なスポーツまで対応できます。
パートナーと組んで行う「スカッシュ」もまたリハビリに役に立つスポーツ。
写真はスカッシュ界では有名な選手と、院長の息子さん。
教え方もさることながらこの数時間でみるみる上達!
息子さんのポテンシャルの高さにみんなびっくり(笑)

013.JPG
リハビリ前室のホール。
外からの自然光をさえぎらないように、スケルトン螺旋階段を設置。
階段は機能だけでなく美しさも大切な要素です。

また、クリニックで働くスタッフのみなさんにとっても、
働きやすく、居心地のよい場所になってくれたらうれしい。

来年の2月にコミュニテイ・クリニックはオープンします。


 
posted by Toki Tsuboi | 23:51 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
軽井沢の別荘・完成写真(その1)
軽井沢1.jpg
軽井沢2.jpg
軽井沢11.jpg
軽井沢7.jpg
軽井沢8.jpg
軽井沢4.jpg
軽井沢5.jpg
軽井沢6.jpg
軽井沢3.jpg
軽井沢の別荘は第一クールの完成を迎えました。
これから冬を迎える軽井沢。
来年春の暖かくなったころから、第二クールの工事に着手します。
ウッドデッキや渡り廊下、門や塀を整えた美しい
お庭をつくる予定。こちらのプロジェクトの様子も
今後ブログにアップしていきますのでどうぞお楽しみに!

 
posted by Toki Tsuboi | 21:42 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
薪ストーブに火が入りました。
軽井沢の別荘のお引渡しレポート。住宅設備のテストや説明もおわり、
お施主さんを囲んで、いよいよ薪ストーブに火を入れます。

103113B.jpg
冬の季節を愉しむゆとりの象徴として、やはり主役は薪ストーブです。
今回入れたストーブは、スペインからの輸入品。
シンプルでスクエアのシルエットに、大きなガラスフェイスをもつ
とってもハンサムなストーブです(笑)

使う空間を選ぶ、ヨーロッパの美しいプロダクトデザイン。
性格を汲み、辛抱強く付合っていかないと火傷します(笑)


103116B.jpg
レバーハンドルのない美しいガラスフェイスの扉。着火材とともに薪をくべれば、少しずつ立ち上がる
炎が美しいダンスをはじめます。薪が燃える香りも、また愉しみのひとつすね。


103117B.jpg
火が入ると、お施主さんや関係者のみなさんとしばし沈黙の時間が流れます。
すべてがこの炎のためにあったような。。そんなことを思わせて
くれるやさしい炎でした。本当にニクイやつですね(笑)

この小さな劇場。見る人の心を離しません。
みんなで床に座って、座談会に花が咲きました。
 
posted by Toki Tsuboi | 16:26 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
軽井沢の別荘が完成しました。
103111a.jpg
秋の紅葉が美しい軽井沢。昨年より進行してきた軽井沢の別荘計画。
本日、建物が完成しお引渡しとなりました。

103121a.jpg
この別荘は、東京在住のご夫妻のための終の棲家。
いつかこの軽井沢の地に自分の別荘を建ててみたい。こどものころから描いていた御主人の夢。
共に人生を歩んでこられた奥様と将来移住するために造られました。

避暑地として名高い軽井沢。年間沢山の観光客が訪れます。
ここにある豊かな自然、ゆっくりと流れる時間を得るために人はこの場所に惹かれるのでしょう。
そんな時間を愉しむためのリゾート的な別荘も軽井沢には多く存在しています。

施主さんはこの軽井沢に暮らすことは、単に自然からもらうだけではなく
自然の側にも耳を傾け、できるだけ自然環境とも協力関係を持って生きていく。
そんなお考えを持っています。

103122a.jpg

建物は周辺にインパクトを与えないように極力低く、森の奥にひっそりと佇む落ち着いた外観としました。
日射と雨を避けるためにつけられた深い軒がデザインの要となっています。
自然の景色できるだけ楽しめるようにいろいろな形の窓を設け、借景を室内に取り入れています。

近い将来、建物のまわりには伐採したかわりの樹木を植え、建物外周にはウッドデッキも計画中。
来年から本格的に外構デザインにとりかかります。

誤解を恐れずに言うなら建物をつくることは少なからずその場所の自然の一部を壊すことでもあります。
建物を建てる以上、その問いは決して避けては通れないものです。
先人の建築家たちも、建築と自然のかかわり方においてジレンマを抱えて生きてきました。
その問いはこれから先の時代を生きていく人にも同じように問いかけられることになるでしょう。

私は建築設計に携わる人間として、建物ができることで、人が今まで気づかなかったその場所の美しさが発見できたり、
その場所に愛着を感じる経験をしたりすることもあるのではないかと思っています。

建築をつくるのが人間であるなら、人間の感性を自然のほうに向けていくための手段として、
建築をデザインすることの意味がある、と考えることもできるのではないでしょうか。

人が建物に訪れたことをきっかけに、目の前の自然に興味が持てるとでも言いましょうか。
その場所で感じた自然の美しさや心地よさが人の心に刻まれていくこと。
かつての日本庭園や建築がそうであったように。。

個人のために造られた小さな別荘。
その場所の自然とその場所に住む人の心を結びつけるための器。
完成した建物を前にそんなことを思いました。


103124a.jpg




 
posted by Toki Tsuboi | 18:00 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
掲載いただきました。
北欧テイスト掲載2.JPG
7月29日に発売された【北欧スタイルの部屋づくり】NO15に
「アトリエのある家」が事例紹介されました。

「アトリエのある家」の施主の奥様は、北欧からアンティーク雑貨や食器を
仕入れて販売する【まいにち北欧道具】の店主Kさんです。

今回の掲載は店主である奥様自らご自宅・店舗の写真を編集部に売り込んで
くださったらしく、見事にご採用!いただいたものです。
(タナボタで設計者名も掲載いただいて・・Kさんに感謝です!)

【まいにち北欧道具】はネットショップとして展開されていて
私も北欧雑貨や食器が好きな妻の影響もあって、こちらのショップサイトの存在は
実は以前から知っていたのでした。日常生活を豊かなデザインで彩る幸福、
こんな食器素敵だなぁと、思いながら拝見していました。

設計をご依頼いただいたときはこのショップを運営する方とはつゆ知らず、
実はあとでこのことに気づくことになります。
まさか自分がこのショップの実店舗と住宅を設計をさせていただくことになろうとは・・。
そんな嬉しい偶然から、プロジェクトは始まりました。

店主である奥様はもとより、施主である御主人も本当にすばらしい方でした。
私も含め、施工を担当する工務店にも全面の信頼をしていただき
「私たち家族のために、是非いい家を設計してください。」といつも寛大な心配りをいただきました。

私も男として、また夫として、そして親として、御主人から教えていただいたことがたくさん
ありました。その信頼に是非応えたいという思いで計画に取り組みました。

この空間はKさんご夫妻、家族のそんな想いから生まれたものです。
今回、このような紙面でとりあげていただけたことは、Kさんご家族の思いが
実った記念のようなものです。紙面でKさんがとても楽しんで住まわれている様子を
拝見し、設計者としてとても嬉しく思いました。

北欧テイスト掲載1.JPG
お近くの書店で見かけた際には、是非お手にとってご覧ください。(4P掲載されています)




 
posted by Toki Tsuboi | 21:47 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
写真撮影に伺いました。
4.JPG
昨年末にお引渡しした中央林間の家。本日完成後の写真撮影にうかがいました。
前日までの数日間は雨が降り、当日のお天気が心配だったのですが、
その心配はよい方向に裏切られ、朝から雲ひとつない晴天に恵まれました。
絶好の撮影日和!日頃の行いが良かったと・・(笑)言ってみたりします。

私たちは建物が完成したときに竣工写真を撮ります。
写真として記録を残すことで、完成事例としてホームページやパネルなどに
使用させていただくこともそうですが、完成した記念にお施主さんにプレゼントさせて
いただくと皆さんとても喜んでくださいます。

1.JPG

この中央林間の家のお施主さん(Kさんご夫妻)は北欧アンティーク家具がとてもお好きで
完成した住宅に、ご自身でお持ちの家具や生活雑貨をセンスよく配置されていて
この住宅をとても大切にしていただいているお気持ちやここでの生活を楽しんでいらっしゃる様子が
伝わってきます。住宅は空間ができれば完成というものではないんですね。

「空間は生活の背景に。施主の生活こそが主役であること」

常日頃からこのように考えて設計していますが、この家はまさにそうなってくれているように
感じて設計者としても立ち会えてとても嬉しい瞬間でした。

3.JPG

カメラマンさんと撮影構図を打ち合わせ。
午前中の光を取り入れながら、たくさんのカットを撮影していただきました。
完成写真が今からとても楽しみです。
ホームページでも実例紹介を行っていく予定ですので、楽しみにしていてください。

2.JPG

ここでひとつ告知です。
中央林間の家には、1階にアトリエが併設されていて、
春に北欧アンティーク雑貨のお店が開店する予定です。
詳細につきましては、店舗情報がオープンになりましたら
またこの場でもご案内をさせていただきます。






 
posted by Toki Tsuboi | 10:19 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
見晴らし台のある家
03.jpg

栃木県宇都宮市で進行していたK様邸が完成を迎えました。
施主は30代の車が大好きなご夫婦。家づくりにおいて最も大切にされたコンセプトは
「自分たちらしい暮らし方、自分たちらしい住宅」の実現でした。

使い勝手を含めた高い性能、居住性、そしてデザイン。それらすべてが統合され、
いつまでも気持よい走りができる車のように、そんな住宅のあり方がテーマとなりました。
 
はじめに、敷地の中に3台の車をどのように配置するかが設計の主題となり、決して「間取り」を
犠牲にすることなく、3台の車と共存できる最も合理的なプランの検討を重ねました。

またあえて1、2階の生活を分けて考えることはぜず、吹き抜けで上下階のつながりをつくり空間に
ボリューム感と連続性を与え、上下階でも家族の顔の見えやすい一体感のある空間構成としました。

最上階には小さな「見晴台」をつくり、共働きのご夫妻のための、「空を眺める」場所を提供して
います。1・2階が日常生活の細やかな機能を満たす場であるとすれば、この見晴台はそんな日常
のふとした一瞬を切り取り、心のゆとりを感じられる場所となるでしょう。

車で移動する時間、家族の日常生活の時間、そして、ふと自分を見つめるささやかな時間。
この住宅には生活のあらゆる「時間」に応じられる場が同時に存在しています。

設計者として、この家がご家族の生活に自然に寄り添い、「自分たちらしく」住まわれて
いくことを願っています。

08.jpg
朝日の入る個室型のダイニングスペース
食事中の家族の会話を大切に。
10.jpg
吹き抜けのあるリビング。趣味コーナーも設置
13.jpg
吹き抜けでつながるタタミコーナーは2つ目のリビング。
こどもさんとのコミュニケーションに最適です。
17.jpg
屋上に設けられた小さな見晴台。
遠くの空を眺めながらちょっと一息。
忘れがちですが、意外と大切な時間ですね。
posted by Toki Tsuboi | 23:17 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |