CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOIARCHITECTS OFFICE
身体のメンテ中にて

nyuin1.JPG

昨年から予定していた目の手術のため、都内の病院で過ごしています。

プライベートな内容で恐縮ですが、どうかご容赦ください。

40代の半ばで右目が白内障になりました。右目の視力はほぼなくなってしまい、片目での生活を余儀なくされました。

白内障といえば60代、70代の方がなるものと思っていたし、お医者さんからも40代での白内障は珍しいとのこと。

 

目をよく使う仕事で、いろいろ支障もあることから早く手術がしたかった。

手術前は少し緊張もしましたが、例えるならはじめてジェットコースターに乗る時のような、

不安とワクワクが入り混じる、そんな感覚に近いです(笑)

ようやく念願が叶い、今日無事に手術を終えることができました。

明日にはクリアな視界で景色を眺めることができると思うと嬉しくなります。

 

私のベッドから見える景色。大きな窓に面していて、都内の景色が一望できます。

夜に消灯すると、夜景がとてもキレイです。この景色が見られることで、気持ちの上で

いくらかラクな感じがしますが、病室ってやっぱり居心地のよいところではありませんね(笑)

 

さて、明日はもう退院です。味の薄い病院食やパックの牛乳ともようやくおさらば。

明日の日の出が待ち遠しい。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 17:39 | 日々のこと | comments(0) | - |
学びと経験

何事も経験がものをいう。

仕事にしろ、人間関係にしろ、経験は大切な財産である。

経験が深いほどに、物事に対する理解や洞察力、判断するための一定の基準を持つことができる。

経験は人を成長させ、人生をより豊かなものにしてくれる。

 

まだ経験がない人や、または希薄であることが必ずしも経験がある人よりも

決して劣っているわではない。若いうちは誰だって経験は少ないものだ。

未経験であるからこそ想像力を働かせる。余計な知識にとらわれず

シンプルに物事を捉え、それが正しい判断への道標となる。

 

仕事でもさまざまな職人や熟練工と出会う。

自分も若いころとは違い、それなりに経験を積んできた。

お互いの経験値をもとに物事をすすめれば、大概のことは間違いなく進む。

しかし経験があるからといってそれにあぐらをかいてしまうと

思わぬ落とし穴にはまる危険にも注意をしなければならない。

 

経験は自分の行動に自信を与えるが、成長過程をすぎると

新しいことに挑戦しようとはせず、過去の経験に固執してしまうこともある。

人の話が耳に入りにくくなり、自分を狭い殻の中へと押し込んでしまう。

 

職人の高齢化により、最近そのことを感じる機会が多い。

もちろん高齢化だけの問題ではないし、これはひとつの例え話にすぎない。

経験のある熟練工は、それだけで尊敬に値する。

経験にあぐらをかくことなく、生涯学びを追求する職人さんもいる。

現場の先輩方から私は多くのことを学ばせてもらった。

生涯学びの心を忘れずに、私もそうでありたいと思う。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 17:39 | 日々のこと | comments(0) | - |
東松山の3世帯住宅(仕上げ前)

東松山0110c.JPG

東松山の3世帯住宅の2階リビング。

大工工事はほぼ終わり、これから仕上げの工程へと入ります。

今日はお施主さんと仕上げ前の現場を見学し、購入予定の家具の置き場所や

収納の広さなどを確認してきました。

壁や天井の仕上げの色、光の入り方など、完成イメージの共有もできました。

 

東松山0110d.JPG

この家には2.5階の立体空間があり、半分下は収納、半分上は寝室になっています。

まるでアスレチックにあるDENのようなスペース。一緒に来られたお子さんも

さっそく階段を上がったり降りたり。。(笑)喜んでいただけたみたいです。

 

東松山0110f.JPG

2.5階のDENから見下ろすとこんな感じ。ここには大きなダイニングテーブルを

置く予定。限られた空間ですが、半階上がりの空間構成にしたことで、

動線の楽しさ、空間の広さを最大限活かすことができたように思います。

これはかなりうまくいったみたい。

 

東松山0110e.JPG

玄関ホールに階段が取り付きました。

ホールの突き当たりに大きな窓を設け、階段ごしに視線がまっすぐ抜けるようにしています。

閉鎖的にならず明るく開放的な空間となりました。

階段の両脇にはそれぞれの家族の部屋があり、このホールは3世帯の共有スペースになっています。

床はコンクリート仕上げとし、昔の土間玄関のようなイメージ。

そんな遊び心のあるお施主さんと、あっと驚くような仕上げを画策中(笑)

はたしてどんな空間になるのでしょうか。完成を乞うご期待です!

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 21:46 | 現場のこと | comments(0) | - |
住宅手摺のデザイン

2階建て以上の住宅には階段があります。

上りやすい階段、年齢を重ねても上ることができる階段、上りたくなるような階段、いろいろあります。

それらの階段には手摺が必要で、上下の動線をつなぐ大切な役割です。

手摺がまるで公共施設や介護施設にあるのような、無骨でおおげさなものにならないように、

ただの身体を支える道具としてではなく、空間に溶け込みながらも使いやすい手摺を考えたいものです。

当事務所で手がけた手摺デザインの一部をご紹介します。

 

アモナ手摺.jpg

吹き抜けに面するリビング階段。

スチールの支柱の上に木の手摺を取り付けました。

握りやすく、しっかりつかまれる手摺。

リビングから見ても 圧迫感のないデザインです。

 

階段手摺3.JPG

丸い木の手摺。2世帯住宅用の手摺です。

ご両親のために、握力が低下する可能性に配慮して握りやすい丸棒を選択しました。

壁に取り付く座金は、できるだけ目立たないよう壁内に隠しています。金物は特注品です。

ゴツゴツした金物は消し、丸棒にしっかり意識がいくようにしています。

 

M邸手摺.JPG

玄関ホールと一体の木製井桁階段。

手摺は木材で大工さんによる製作です。

お施主さんの希望から廊下側の手摺はなし!(まじですか!)

そのかわり、壁側には体重をしっかり預けられるような木製手摺を提案しました。

 

つくば手摺.jpg

ホワイトカラーのスチール階段の事例

窓から入る光を階段ごしに1階まで取り入れるのがコンセプトです。

手摺は両側に設置し、まるで網の面で囲まれるようなイメージです。

光の入り方を邪魔をしないように、手摺は極力細くデザインしました。

不思議と心理的な安心感が生まれます。

 

Y邸手摺.jpg

狭小住宅では1階玄関に光を入れることが難しいことが多く、

階段上から光を取り入れると玄関ホールが明るくなります。

玄関は顔であり、内部を広く見せる効果もあるため、階段のデザインには特に気を使います。

手摺は握りやすい太さとし、階段なりに連続して設置しました。

身体の動きに追従するように、廻り部分にも手摺が連続しています。

 

K邸手摺.jpg

天窓の光が階段スペースを通して1階まで届きます。

この家は60代ご夫婦の終の棲家です。

ご夫妻の要望から、このようなモダンな階段になりました。(人によってはNG!)

手摺はステンレスを使用、まるでドアノブのようにプロダクトとしても美しい手摺。

「安全だけを考えた施設みたいな手摺にはしないでほしい。」

という施主さんからのリクエスト。

必要な機能は失わず、施主さんの感性に沿った手摺となりました。

 

階段の手摺は主に安全の面で注目されることが多いですが、

安全性やバリアフリーとは必ずしも、おおげさな道具を取り付けることではないのかもしれません。

安全でありながら、決してそんな顔はしていないデザイン。自分の心の若さを保つデザイン。

身体の衰えにも対応できるデザイン、バリアフリーもいろいろかもしれません。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 16:19 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
2019年のはじめに

新年あけましておめでとうございます。

1月7日(月)、今日から仕事はじめです。

私は5日からは事務所に出ておりましたが・・(笑)

「仕事はじめの準備」ですね。

 

さて、今年はどんな年になるのでしょうか。

今年は4月に年号が変わり、新しい時代の幕開けとなります。

いわゆる歴史的な転機を迎える年です。

来年にはオリンピックの開催が控え、消費税も上がります。

各方面でもめまぐるしく変化が加速する1年となりそうです。

 

今年の私のテーマは「待つ」です。

 

新時代の到来に向けて大きな意欲を示したいところですが、私は敢えて「待つ」ことにします。

立ち止って、振り返って、歩いてきた道を今一度確認することに目を向けたいと思います。

独立して14年目を迎え、公私ともにそんな時期に差し掛かってきたように感じます。

この先の人生をより充実したものとするために、今「待つ」ことに取り組んでみようと思います。

 

新しい時代を「待つ」こと。新しい時代の価値観を「待つ」こと。

変化を「待つ」こと。そして変わらないものを同時に「待つ」こと。

映画「ターミナル」のトム・ハンクスのように(笑)

 

新しい時代を迎えるための準備をする年。

そんな心構えで、この1年に臨みたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 17:16 | 日々のこと | comments(0) | - |
風の谷のナウシカ

先日、テレビで風の谷のナウシカの再放送がやっていた。

もう何十回も観たけれど、不思議とまた観てしまう。私にとってこの作品は特別なものだ。

作品内容についてここで詳しく書くことはしないが、この作品は映画で広く知られており、原作本においては全7巻で構成されている。

映画は原作2巻までの内容で完結しており、原作ではまだその先の物語が続いている。

 

ナウシカが私にとって特別であることについていえば、この作品全体を通して描かれている「共生」の世界観が

私の心に深く残っているからである。この作品で描かれた宮崎駿の「共生」はとても困難で矛盾に満ちたものだ。

その矛盾に向き合うことこそが、「共に生きること」を描くためにどうしても必要だったと宮崎駿は言っている。

 

映画を観た多くの人は、ナウシカという少女のひたむきな姿に、自然と人間の共存について純粋な心と

人としての倫理観のようなものを重ねて観ることだろう。

しかし、宮崎駿が本当に描きたかったものは、当時の映画の中ですべて表現することは難しかったようだ。

宮崎駿の描く「共生」とは単純な倫理観とは一線を画している。

原作本を読むと映画とは異なるナウシカ自身の苦悩が詳細に描かれていることがわかる。

 

原作ではナウシカは腐海についての研究を深めていく。はじめは腐海の毒から人間を守り、

腐海の毒による村人の病を治療することが目的であったが、腐海のついて知ることは、つまりは人間そのものを知ることであることに気づきはじめる。

人間が汚した自然。腐海は人間の世界の写鏡であり、それをもとに戻すことは、人間の存在を否定してしまうという結論に至る。

「自然」とは人間がコントロールできる範囲の世界。それが人間にとって「自然」の本当の姿なのだ。

 

驚いたのは人間には腐海の毒は必要なものであり、その毒がなければ人はもはや生きていくことができないという逆説である。

人間にとって本当の毒は人間のもつエゴであり、つまりは人間の敵は人間なのだ。


生きる世界が異なるもの同士。見方によって善や悪への考えは全く異なる。敵と味方は立つ位置が違えば結果は180度変わる。

共に生きること、その不可能な問にナウシカは苦悩する。碧き清浄の地は「人の創り出した幻想」であり、

その幻想は人間の身勝手さの象徴であるという現実。その現実に向き合い、それでも共存の道を切り拓くことこそが

宮崎駿の表現したかった「共生」への思いなのだ。

 

他にも宮崎駿の作品の中にはこの「共生」の思想が深く関わっている。

ナウシカという作品に出会ったことで、私自身もそのことを理解するようになった。

自分の生き方という根源的な問い、日常生活の些細なこと、仕事への考え方にも当てはまることはたくさんある。

人生とは他者との自分の共生の歴史でもあるとも言える。

「他者」を理解しようとする意識。その意識からはじまる世界のありかたを想像する。

自分たちが生きるこの世界の中で、考えるための苗を、ナウシカから分けてもらったような気がしている。

それが徐々に根を張り、自分にとっての「共生」の思想を育てていけたらと思う。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 14:46 | 好きなこと | comments(0) | - |
マイケル・ケンナ写真展

 

マイケル2.JPG

2019年、東京都写真美術館で開催されているマイケル・ケンナの写真展に行ってきました。

20年前、書店で彼の写真集に出会って以来、すっかりファンとなりました。

今回の個展は45年の写真家としてのキャリアとしてほぼ集大成といえる内容。

年はじめに、どうしても見ておきたかった展覧会です。

 

マイケル1.JPG

 

彼の写真はいわゆる風景画のようなものとは違い、自然の中にある人の痕跡、

時間の記憶のようなものがどの写真にも同居しています。

それは見る人の遠い記憶を呼び覚まし、かつて見たことのある「心象風景」へと導きます。

現代社会に何某かを示唆するものでありながら、美しい風景としてのバランスも見事です。

詩的でありながらリアルな描写。見えるものと見えないものの境界。

この写真を見ていると、「原風景への誘惑」とでもいうような、そんな言葉が浮かんできます。

私にとってこの写真に出会ったころの「かつての自分」とも対話をしたような。。

そんな貴重な時間にもなりました。

 

 

マイケル5.JPG

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 14:14 | アート・芸術のこと | comments(0) | - |
2018年、年の瀬に思うこと。

年の瀬2018a.JPG

 

今日で2018年も終わります。

 

来年は「平成」も終わり、新しい年号で新時代の幕開けとなります。

2019年は独立して14年目。思えば前だけを向いてひたすらに走ってきた13年でした。

2018年は今までの自分を客観的に振り返るターニングポイントの年になったような気がします。

 

今年も新しい住まいをお引き渡すことができました。

ここ数年は、2世帯、3世帯住宅のご依頼が多く、設計ノウハウもかなり蓄積されました。

通常の住宅設計に比べて時間がかかるものですが、ご家族のみなさんとの打ち合わせを振り返ってみると、

本当によい時間をご一緒させていただいたように思います。

まるでお施主さんと世界を一緒に旅したような、そんな感覚に似ています。

 

親と子が一緒に住む環境をつくる、それだけで大変やりがいのある仕事です。

いつもリアルに思うことは、再び親と子が一緒に住むことは実は思っているほどそう簡単なことではないということです。

親子と言えども別々の人間であり、家族も独立した個人の集合体です。

一緒に住むけれども一緒には住みたくない。。こんな矛盾するような話もザラにあります。

登場人物の多さ、世代による考え方の違い、それぞれの生活時間帯や生活習慣などに考えを及ばせていくと、

こんなに難しい家づくりは他にないだろうとさえ思います。

 

再び家を建てることがきっかけに、お互いに新たな親子関係を築いていく。そのほうが正しい解釈なのかもしれません。

安易に「間取り」をつくってしまうと計画段階でその複雑さに気づけず、根本的な失敗につながります。

同居を成功させるためには、まず間取りではなく「環境づくり」にしっかりとしたコンサルティングが必要なのです。

この複雑な関係にどのような形で「調和」を生み出していけるのか。

2世帯、3世帯住宅を通して設計の原点はやはりこの1点にしかないように思います。

 

さて、来年は春までに3件の2世帯住宅が竣工を迎える予定です。

このブログ上でも更新情報を随時お伝えしていきたいと思います。

 

プライベートでは、娘が小学校に入学します。これからも多くのことを学び、成長していくことでしょう。

親として娘にできることは、突き詰めればそう多くはないかもしれませんが、

今できる親子の関係、成長過程の「環境づくり」に最大限の努力を尽くしていきたいと思います。

仕事とプライベートは私にとって、きっと同じことを考えていくことなのかもしれません。

そんなことを思う、年の瀬です。

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 15:03 | 日々のこと | comments(0) | - |
目白台の2世帯住宅(ひとまず完成2)

2階リビング.JPG

2階子世帯のリビングです。

この空間は壁、天井ともに、光の質感と陰影を美しく見せられるように塗装で仕上げています。

グレーを基調にしたオリジナル色。マットな質感で、天候により色の表情も変化します。

やはりビニールクロスとは一味違う感じです。

 

正面は当方でデザインしたオーディオシェルフです。面材はチェリーの板目を採用しました。

下の引き戸が両方にスライドするようになっていて、1枚の板から2枚の扉をつくることで

中心に閉じると扉の板の目がきちんとそろうようになっています。

 

空中に浮いたようにしたのは、家具に「重さ」を感じさせないこと、床面が家具の下まで伸びることで

空間が広く見えること、家具として自立して見えること、このようなことを考えて設計しました。

 

照明はすべて間接照明とすることで、夜の光が柔らかく、照明器具が主張しないように配慮しました。

ペンダントライトやスタンド照明を配置すれば、夜は素敵な光の演出になることでしょう。

 

2階本棚.JPG

廊下に据付たれたブックシェルフ。

この空間は廊下ではなく、「ライブラリーのような空間」がテーマです。

ダークグレーのフレームに背面にブルーの板を仕込んだデザイン。

趣味の洋書や写真集を入れるためにつくっていますが、本で埋め尽くすのではなく、

ところどころのマスを空けることで、小さなギャラリー展示スペースのような使い方ができます。

正面のリビングの入口のドアは、ギャラリーカフェの入口のような設えとし、単なる動線としてではなく、

物語性を込めた空間として仕上げています。

 

2階廊下B.JPG

廊下と一体になったベッドルーム。または寝室とつながるギャラリースペース。

「廊下も寝室の一部として使えたら、あるいは廊下の中にベッドがあるとか?」

お施主さんと設計時に、こんな発想で意見を交わしたのを覚えています。

そのイメージを形にしてみると、決めた部屋の名前はあまり重要でないことがわかってきます。

空間の使い方は住まいての自由にまかせるべきだと思います。

その自由への選択は、設計者の気配りでご用意して差し上げるべきことだと思います。

美しい設えとは本来そういうものではないかと思うのです。

引き戸で仕切れば、個室としても使用できます。

 

2階洗面化粧台.JPG

家具製作したオリジナルの洗面化粧台。

余計な収納扉はなくし、シンプルなデザインとしました。

下にカゴなどを納めるため、棚だけの収納です。

照明は昼白色と電球色の組み合わせたものでつくりました。

お化粧をするときは白い光、その他のシーンでは暖かな電球色を選定。

上部の鏡収納はサンワカンパニーのユニットで家具との相性もとてもよいです。

既製品とオーダーメイドとの組み合わせの好例です。

 

2階トイレ.JPG

2階のレストルーム。

用を足すための場所でありながら、数分間、ひとり想像の旅に出る場所(笑)

そんな物語を描くとトイレも楽しい場所となりますね。

人生少し得した気分になるかも(笑)

 

 

posted by Toki Tsuboi | 16:33 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
目白台の2世帯住宅(オーダーキッチン例)

1階キッチン.JPG

目白台の2世帯住宅ではキッチンをオーダーで製作しています。

こちらは1階の親世帯のキッチンお母様のご要望によりL型のキッチンとしました。

扉面材はグレー色を選択。引き出しの位置、取手のデザイン、シンク下はゴミ箱入れでオープンにするなど

自由な組み合わせはオーダーメイドならでは。

当方ではキッチン製作工場への直接発注を行うため、キッチンメーカーのものに比べて

断然価格がリーズナブル!このグレードのキッチンがこんな価格でできるの?とお客様の評判もよいです。

オーダーメイドはすべてが高い訳ではないんです。

現在進んでいる他の2世帯住宅でもこの方式でキッチンで製作中です。

 

キッチン2.JPG

こちらは2階の子世帯のキッチン、面材は「濃紺色」を選択。渋くてかっこいいですね。

カウンターはステンレスのバイブレーション加工と御影石の組み合わせ。

900幅のスクエアシンクはプロダクトとしてのデザイン製も高く、採用のリクエストも多いです。

お料理が好きな奥様にとって、このキッチンは相棒として活躍してくれそうです。

 

2階キッチン天板.JPG

奥様からのリクエストは天然石の作業カウンター。

ラベンダーブルーの御影石を選定。天然石ならではの美しさと重量感。継ぎ目も目立たなくしてとてもよく仕上がりました。

背面の吊り収納は、引き戸のリクエストにお応えし、キッチンにあわせたオリジナルデザインの家具を製作しました。

一般論として、このような1点もののキッチンは青山あたりのキッチンブランドに頼んだら

おそらく高級外車が買えるような金額になりますが、当方からの工場直接発注の製作手法は、

ブランド料や中間マージンなどのの余計なコストをカットできるのでキッチンにこだわりたい方にとっては

とてもおすすめの方法です。ハウスメーカーでは対応できない設計事務所ならではの提案です。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 15:32 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |