CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
高知・香川への旅(牧野富太郎記念館を再訪して)

CIMG2855.JPG

7月某日、高知・香川への旅をしてきました。

家族と過ごす夏の旅。娘も5才になり、いろいろなことがわかる年齢になってきました。

そこで今回旅先に選んだのは四国地方。高知、香川(直島・豊島)建築とアートをめぐる旅です。

うちの場合、こどもにあわせた旅行はしません。私たちと一緒に課外学習のつもりで娘も自分なりに

何か感じるものがあればよいと思っています。言葉で伝えるより、一緒に何かを経験する時間を

大切にしたいと思います。これも建築家の娘として生まれた宿命ですので仕方ありません(笑)

 

今回の旅は3日間を予定し、初日に高知、2日、3日で香川(直島・豊島)をめぐります。

高知には、内藤廣氏が設計した牧野富太郎記念館と、昨年に建築学会賞を受賞した堀部安嗣氏設計の

竹林寺納骨堂があります。この2つははずせないルートとして、スケジュールに入れました。

 

牧野富太郎記念館には個人的な思い入れがあります。この記念館は18年前に完成し、私個人としてここを訪れるのは

今回で2回目です。今から20年前にこの記念館の設計時期に私は内藤廣先生の事務所にお世話になっていました。

そこで毎日この建物のスタディ模型を担当していた時期があります。

 

当時内藤先生は超多忙な建築家で、大きな仕事をいくつも抱えていました。

その中でもこの牧野富太郎記念館には相当な力を入れていて「今の日本で最も難易度の高い建築、後世の人々に残す

意味のある建物をつくる」と私たちに話してくれたことがあります。

 

内藤先生とはほとんど話をすることはできませんでしたが、この建築の計画に関わることで内藤先生の建築に向かう

姿勢やその意味を学べたことは今でも本当によかったと思っています。

そんな経験から、いつか自分のこどもにもこの建築を見せたいという思いがありました。

 

IMG_2385.JPG

IMG_2370.JPG

牧野富太郎記念館は植物学者の牧野富太郎先生の記念博物館です。

牧野先生が発見した植物の数ははかりしれません。小さな美しいものを大切にする植物へのまざざし、

その功績を後世に伝えていくための建物です。

 

高知の杉をつかった有機的で大胆な架構。鉄骨の背骨から肋骨のように延びる木造垂木。

山の稜線を低く這う生物のような形態。日射が強く、台風の多いこの地方の風への影響を考慮した

最も合理的な屋根構造になっています。

 

牧野先生がこよなく愛した植物たちが主役であり、建物はその影に隠れるように。

完成当初はまだ未熟だった庭木は今では建物の高さを追い越し、建物の入口が木々の間からひっそりと見え隠れしています。

「いずれ自然の中に埋もれていくような建築の姿を目指したい」そう内藤先生が語っていたことを思い出します。

18年ぶりにここを再訪し、前回とはまた違った意味で発見や考えることがいろいろありました。

建築と自然が幸福な関係を築いている場所。娘にも何かを感じてくれたらよいと思います。

 

→竹林寺納骨堂へとつづきます。

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 18:45 | 旅行 | comments(0) | - |
外部で木材を使う。

resize0002.jpg

越谷の家の目隠しフェンス・ウッドデッキを「エステックウッド」で施工しています。

外部で木材を使うとき、メンテナンスのことはとても気になります。

 

木材は外部で使えばすぐに日焼けや劣化がおこります。

特に外部の塀やウッドデッキなど、雨ざらしの多い場所ではやはり痛みも早くなります。

一般的には防腐塗料を塗るなどして木材を保護する処置をしますが、

この方法は1年ごとに塗り替えるなどこまめなメンテナンスが必要になってきます。

木材を使う場合はごく自然なことですので、メンテナンス作業もイベント感覚で楽しめる方にとっては、

木を使う贅沢を存分に味わうことができると思います。

 

しかしそうでない方にとっては、メンテをし続けていくことは、目の上のたんこぶのように

重荷に感じてしまうことも確かです。木は好きだけど・・メンテのことを考えるとなぁ・・。

現代の忙しい生活を送るみなさんにとって、それが本音のところかもしれません。

 

それでもやはり木を使いたい。そのようなときにはこの「エステックウッド」がおすすめです。

国産の杉材を高温で燻すことにより、木材の耐候性を高めた画期的な木材です。

無塗装のままでも30年くらいは問題なく使用できます。

お施主さんが安心して使える木材。ここ数年愛用しています。

 

resize0003.jpg

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 23:19 | 設計のこと | comments(0) | - |
外壁工事【世田谷の住宅】

052401.jpg

世田谷の住宅の現場工事が進んでいます。

外壁はモルタル通気工法を採用し、仕上げには吹付け塗装を予定しています。

先日は外壁の色サンプルを作成して現場の外壁に当てながらお施主さんに

実際の色の感じを確認していただきました。

 

色サンプルはA4サイズで作成しますが、壁のような大きな面積に塗ると同じ色でも

実際は1割程度明るく見えるので、そこを計算にいれてから色を決めることにしています。

また、同じ色でも室内で見るのと現場で見るのとではやはりイメージは違ってきます。

その誤差をどのくらい見るかというのはプロの私たちでないと判断が難しいところですが、

一緒に現場で見ながら、気持ち濃い目のパターンや薄くしたパターンを置いてみたりして、

お施主さんと色の感覚を共有します。

 

下地のモルタルにはメッシュワーヤーが入り、外壁の通気をとりながら、表面が割れにくく

する素材になっています。外壁モルタル工事は左官職人さんの一番のうでの見せ所。

各面を丁寧に塗りこんでいる様子をパチリ。しっかりと腰が入っていますね(笑)

さて、外壁はどんな色になるのでしょうか。左官屋さんには事前にこっそりと教えます。

来月の塗装工事が楽しみです!

 

 

posted by Toki Tsuboi | 21:47 | 現場のこと | comments(0) | - |
足場がとれました。(越谷の家)

image1-30.jpg

 

越谷の平屋。外部の吹付け塗装が完了し、足場が解体されました!

毎回外観が現れる瞬間はとても楽しみです。

住宅は一般的には街の中に建つことが多いですが、ここは農地が大半を占める場所。

広くて景色もよいですが、その分風にあおられる土埃の問題は避けて通れません。

真正面から飛んでくる土埃にどう向き合うか・・。

外壁は吹付け塗装で土に近い色としました。ある程度の汚れまでは気分的に

寛容になれる(笑)外観としています。

 

足場がはずれたことで、全体のプロポーションも確認できました。

佇まいの重心は低く!FL・ライトの言葉ですが、建物の品格はプロポーションで決まると思います。

このあとウッドデッキ、外周に木板塀をまわし、さらに水平方向を強調していきます。

 

いつも考えていることなのですが、外観の色を決めるときは私は近隣の景観をかなり重視します。

郊外の住宅は、住人もそうであるように、その場所のコミュニティとは深く関わることになります。

どんな土地にも地域性があり、それが目に見えることもあれば見えないこともあります。

地域の気配のようなものをうまく汲み取って、色を決めるときの参考にしています。

最後は感覚的なところが鍵です。性能と感性のバランスが大切です。

 

現場監督の長本さんからうれしい一言。「まわりと全く違う家なのに、なんだかとっても馴染んでますね。」

うまくいったようですね。小さくガッツポーズです(笑)

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 23:19 | 現場のこと | comments(0) | - |
軽井沢の別荘【外構工事】

resize0002.jpg

一昨年の秋に建物の引渡しを終えた軽井沢の別荘の様子です。

2期工事はウッドデッキや外のお庭などの外構、今も工事が進んでいます。

 

冬の間は(というよりGW前までは)気温が低く、工事のできる期間も限られているため

あたたかくなった今の時期は比較的工事はやりやすい環境です。

 

建物には、新たに加えられた木製ブラインドが窓を飾り、大きなウッドデッキが庭へとせり出して

外の自然と建物の内部空間がより近しい関係になりつつあります。

天気のよい日にこんなデッキで食事でもしたら、きっと最高ですね。

 

玄関からから延長されたアプローチ階段、建物に導かれる演出がぐっとよくなりました。

この家はお施主さんの手によって、どんどんよくなっています。

生み出したのは設計者でも、育ててくれるのはやはりお施主さんなのです。

 

resize0005.jpg

軒裏の杉板にも、新たな塗装が加えられました。

湿気の多いこのエリアでは、こまめなメンテナンスが大切です。

都心部には出せない、のびのびとした屋根の軒ライン。美しいです!

 

posted by Toki Tsuboi | 22:51 | 現場のこと | comments(0) | - |
制振装置

041102.jpg

世田谷の家で採用している制振装置です。

装置といっても原理は単純。油圧式のダンパーで車のサスペンションなどに似ています。

長さは50センチくらいの小さな部品ですが、地震の揺れの一部を吸収する役割を果たします。

これを柱と梁に必要な数を取り付けていきます。

 

住宅を建てるとき、耐震について興味を持たない人はいないと思います。

設計過程においても、耐震についての話題は尽きることはありません。

丈夫で安全な家を、みなさん望まえるのは今も昔も当然のことです。

 

地震についてどのような手法が有効なのか、耐震については品格法という法律で1〜3の等級が定められています。

等級1は建築基準法の基準が満たされたもの、等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の強さがあります。

 

耐震等級が高いほど理論的には地震に強い家ということになりますが、

繰り返し来る地震に対して、揺れに耐えることや品格法の基準を満たすだけで本当によいのか、

最近の地震の被害を見ていて思うところもあります。

 

そこで耐震のほかに、「制振」という考え方を取り入れていくことにしました。

「制振」とは、地震の衝撃そのものを小さくしていく考え方です。

この小さなダンパーが、地震の際に揺れを吸収し、建物を傷めないことに役立ちます。

地震の衝撃が小さくできれば、家具などが倒れてくる確率も低くなりますので、

住む方の安全を考えれば、このような方法は有効ではないかと思っています。

 

041101.jpg

取り付けられたオイルダンパーです。

1、2階の柱と梁、全部で12箇所に取り付けられています。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 21:01 | 設計のこと | comments(0) | - |
棟上げを行いました(世田谷の家)

resize0005.jpg

先月のことになりますが、世田谷の家の棟上げを行いました。

朝はやくから総勢10人の大工さんが集まりました。

8:00からはじまった建方ですが、10:30の段階でほぼ1階が組みあがりました。

 

休憩時間には、私は大工さんに挨拶をしたり、職人さん方々とよく話をします。

今日は逆にひとりの職人さんから声をかけられました。

建築家を目指して現場作業をしながら勉強をしているそうです。

独立して設計の仕事をするノウハウなどいろいろ質問してきてくれました。

現場で話をしていると、いろいろな人生にも出会います。

完成したら是非見に来てください。

 

今回担当していただくのは、大工の秋山さん親子。

親子2代でひとつの家を造ります。親方と弟子。息子さんのよい経験に

なるとよいですね。

 

さて、休憩後の作業開始です。

 

resize0006.jpg

東京23区内、世田谷などの住宅地では道路が狭いところが多く

機材や材料の搬入は大変です。

今回は4Mの道路幅があるので、そんなに苦労はありませんでしたが、

道路の両側にはガードマンさんが待機していて、通行する方々への配慮や

一時的に通行止めにさせてもらうなど、連携しながらの作業となります。

 

resize0013.jpg

午後4時にはほぼ全体の骨組みが完成。

基礎の段階では、平面なので住宅の大きさはつかみにくいですが、

棟上げすると立体的になるので一気に家の大きさがわかります。

 

resize0008.jpg

組みあがったばかりの骨組みを伝って屋上に行ってみます。

ここからの眺めはなかなかよい景色です。

簡易ハシゴなので、行きはヨイヨイ、帰りはコワイ。。

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 21:50 | 現場のこと | comments(0) | - |
天井板施工中(越谷の住宅)

IMG_1775.JPG

越谷の住宅では、室内の工事が進行しています。

今日はリビングの天井板、(レッドシダー材)の工事を大工の松本さんが張ってくれていました。

 

レッドシダー材は別名米杉(べいすぎ)、またはカナダツガとも言います。

外部で使っても大丈夫なほど耐久性のある木材です。

 

この木材は加工性がよく比較的安価な材料なので、内外問わずよく使用してます。

同じ木材でもよい意味で、濃いところから薄いところまで色に幅がある材料なので

天井に使うと個性的な表情を見せてくれます。

 

ここでワンポイントですが、このような色幅がある個性的な材料を使うとき、

フローリングのような自由な張り方(乱尺張り)にすることも可能ですが、

私はあえて同じ長さに切って、等間隔に目地をそろえて張ることにしています。

乱尺でも遠目から見れば、一つの面としてある程度まとまっては見えますが、

きれいにそろえて張るこのひと手間を入れることで一定の秩序が生まれ、

バリエーションの豊かさと秩序のある統一感の両面を表現することができます。

材料の特徴を最高のかたちで見せていくためのテクニックです。

 

IMG_1777.JPG

今日は施主さんも現場にお見えになり、松本さんの仕事をとても満足そうに

ご覧になっていました。天井の目地ラインは、実は窓の外の屋根裏のパネルの目地ともそろっています。

お施主さんから「板がそろっていて本当にキレイです!」と感想を伝えると

松本さんはちょっとはずかしそうに「図面がそうなっているんで笑・・」

と照れ笑いをしていました。

 

IMG_1778.JPG

室内の状態を確認しながら、色サンプルでお施主さんと壁や天井の色を決めていきます。

光を反射させる面は白、心理的な重心となる面(寝室の天井面など)には、色を入れていくなど

インテリアのまとめ方についてお話をさせていただきました。

色はこの小さなサンプルよりも、実際に張ったときのほうが明るく見えます。

その視覚的誤差も計算にいれてコーディネートしていきます。

 

現場作業も残り2ヶ月を切り、大工さんの作業も残りわずかになりました。

これから仕上げの工程に移ります。

出来上がりが今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 21:10 | 現場のこと | comments(0) | - |
世田谷の住宅【基礎工事】

031701.jpg

世田谷の住宅は現在基礎工事が進んでいます。

基礎のまわりに敷かれているのは防草シート。これから春になる現場は雑草との戦い。

このシートは後から敷くこともできますが、現場の作業のしやすさも含め先にシート敷きを行いました。

 

基礎は現在では主流のベタ基礎工法です。

ベタ基礎とはコンクリートの床と立ち上がり部分が一体になった工法で、地震の横揺れに強く地盤沈下

が起きにくい工法です。

 

031704.jpg

床下空間は室内と同じ温熱環境をつくるため、基礎断熱工法を採用しています。

コンクリートの基礎に直接断熱材を貼り付けて、1階の床から熱が逃げるのを防ぎます。

主に東北エリアでよく使われてる方法です。

 

関東地域では床下を自然換気し、外気を取り込む工法を採用する会社もまだまだ多いですが、

私の設計では、関東であってもこの基礎断熱を標準として考えています。

経験から住んだときの足元の体感温度はかなり違ってきます。

 

床下には、さまざまな設備配管や、空調ダクトなどが入ります。

床下の温度も一定に保っておけば、設備配管のエネルギーロスも減らすこともできるますし、

湿気やカビなども起きないため、縁の下をどのように造るかはかなり重要なことなのです。

来週からはいよいよ木構造の工事がはじまります。

棟上げの様子はまた次回にレポートしたいと思います。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 23:07 | 現場のこと | comments(0) | - |
越谷の住宅(現場進行中)

IMG_1528のコピー.jpg

今年のはじめに着工した越谷の住宅は着々と現場がすすんでいます。

現在屋根と壁が貼られ、サッシも入り大工さんも天候に左右されることなく

作業しやすい環境が整いました。

 

農耕地の真ん中では少しの風でも舞い上がる砂埃が建物や人にダメージを与えてしまうことがあります。

荒い外部環境から建物を守り、いかに平穏な内部環境を整えることができるかはこの家のテーマの1つ。

 

埃の侵入を防ぐためには高い断熱性と気密性はなくてはならないミッションであり、

一方で太陽光を享受するパッシブな住宅のありかたは、自然との関わりを身近に感じ

そのエネルギーの利用にも役立っています。

暮らしの中で自然との関わりもまた、なくてはならないミッションだと思うのです。

現場はこれから外壁下地、内部造作工事へと移行していきます。

 

今日は風も少なく穏やかな週末。現場の隣りにある梅の木にはちいさな花が咲きはじめていました。

 

IMG_1530.JPG

 

posted by Toki Tsuboi | 20:22 | 現場のこと | comments(0) | - |