CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOIARCHITECTS OFFICE
<< 大田区の2世帯住宅(外壁工事) | TOP | 大田区の2世帯住宅(外部の建材編) >>
最近読んだ本から

フィンランドの歴史2.jpg

 

コーヒータイムの読書。最近忙かったのでほとんどできていなかったのですが、

また再開することにしました。

 

北欧の歴史について書かれた本、物語フィンランドの歴史を読んでいます。

歴史について書かれているのに、「物語」であるというこの本のタイトルが気に入りました。

なるほど、歴史とは壮大な物語を読むことに似ています。

 

北欧は、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、アイスランドの5カ国で構成されています。

よくSCANDINAVIA(スカンジナビア)といわれることがありますが、現地ではNORDIC(ノルディック)と表現されます。

フィンランドはもともとスウェーデンの一部であり、ソ連に統治されていた時代もあります。

フィンランドという国が誕生したのは20世紀に入ってからで、ヨーロッパの他の国々がそうであるように、

フィンランドも隣国との争いの中で独立を果たしました。

2017年には独立100年を迎え、国としての歴史はまだ浅いですが、そのルーツはとても興味深いです。

 

日本では、華やかなインテリア、充実した福祉、人を中心に据えた教育、IT先進国、フィンランドについて

とかくよいイメージをもつことが多いですが、戦争による侵略や、北極も近く、厳しい自然環境の中での暮らし

そこから生まれた独特な自然信仰や思想、それらがフィンランド人の特性や国の成り立ちに大きな影響を与えています。

 

著者の石野裕子さんには、私が所属する北欧建築・デザイン協会でもレクチャーをしていただいたことがあります。

石野さんは民俗学がご専門で、フィンランドとの縁はほんの偶然だったといいます。

ご自身では北欧のインテリアが特別好きとか、ムーミンもそんなにかわいいと思ったことがない、

フィンランドについて研究をはじめておきながらそんな自分を軽く呪ったこともあると(笑)

個人的な偏った感情がなかった分、ニュートラルにフィンランドを捉えることができた。

そうおっしゃっていたのを思い出します。はじめから北欧が好きということになぜかしっくりこない。

その感覚は言われて腑に落ちるような気がします。気がつけば関わるようになっていた。

フィンランドの魅力ってそのようなものかもしれません。

歴史の本はとかくカタい文章になりがちですが、この本では石野さんの観点からとてもわかりやすく書かれてす。

フィンランドの歴史について知りたい方、おすすめの一冊です。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 16:54 | 好きなこと | comments(0) | - |
コメント
コメントする