CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOIARCHITECTS OFFICE
<< 2019年のはじめに | TOP | 東松山の3世帯住宅(仕上げ前) >>
住宅手摺のデザイン

2階建て以上の住宅には階段があります。

上りやすい階段、年齢を重ねても上ることができる階段、上りたくなるような階段、いろいろあります。

それらの階段には手摺が必要で、上下の動線をつなぐ大切な役割です。

手摺がまるで公共施設や介護施設にあるのような、無骨でおおげさなものにならないように、

ただの身体を支える道具としてではなく、空間に溶け込みながらも使いやすい手摺を考えたいものです。

当事務所で手がけた手摺デザインの一部をご紹介します。

 

アモナ手摺.jpg

吹き抜けに面するリビング階段。

スチールの支柱の上に木の手摺を取り付けました。

握りやすく、しっかりつかまれる手摺。

リビングから見ても 圧迫感のないデザインです。

 

階段手摺3.JPG

丸い木の手摺。2世帯住宅用の手摺です。

ご両親のために、握力が低下する可能性に配慮して握りやすい丸棒を選択しました。

壁に取り付く座金は、できるだけ目立たないよう壁内に隠しています。金物は特注品です。

ゴツゴツした金物は消し、丸棒にしっかり意識がいくようにしています。

 

M邸手摺.JPG

玄関ホールと一体の木製井桁階段。

手摺は木材で大工さんによる製作です。

お施主さんの希望から廊下側の手摺はなし!(まじですか!)

そのかわり、壁側には体重をしっかり預けられるような木製手摺を提案しました。

 

つくば手摺.jpg

ホワイトカラーのスチール階段の事例

窓から入る光を階段ごしに1階まで取り入れるのがコンセプトです。

手摺は両側に設置し、まるで網の面で囲まれるようなイメージです。

光の入り方を邪魔をしないように、手摺は極力細くデザインしました。

不思議と心理的な安心感が生まれます。

 

Y邸手摺.jpg

狭小住宅では1階玄関に光を入れることが難しいことが多く、

階段上から光を取り入れると玄関ホールが明るくなります。

玄関は顔であり、内部を広く見せる効果もあるため、階段のデザインには特に気を使います。

手摺は握りやすい太さとし、階段なりに連続して設置しました。

身体の動きに追従するように、廻り部分にも手摺が連続しています。

 

K邸手摺.jpg

天窓の光が階段スペースを通して1階まで届きます。

この家は60代ご夫婦の終の棲家です。

ご夫妻の要望から、このようなモダンな階段になりました。(人によってはNG!)

手摺はステンレスを使用、まるでドアノブのようにプロダクトとしても美しい手摺。

「安全だけを考えた施設みたいな手摺にはしないでほしい。」

という施主さんからのリクエスト。

必要な機能は失わず、施主さんの感性に沿った手摺となりました。

 

階段の手摺は主に安全の面で注目されることが多いですが、

安全性やバリアフリーとは必ずしも、おおげさな道具を取り付けることではないのかもしれません。

安全でありながら、決してそんな顔はしていないデザイン。自分の心の若さを保つデザイン。

身体の衰えにも対応できるデザイン、バリアフリーもいろいろかもしれません。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 16:19 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
コメント
コメントする