CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOIARCHITECTS OFFICE
<< 2018年、年の瀬に思うこと。 | TOP | 風の谷のナウシカ >>
マイケル・ケンナ写真展

 

マイケル2.JPG

2019年、東京都写真美術館で開催されているマイケル・ケンナの写真展に行ってきました。

20年前、書店で彼の写真集に出会って以来、すっかりファンとなりました。

今回の個展は45年の写真家としてのキャリアとしてほぼ集大成といえる内容。

年はじめに、どうしても見ておきたかった展覧会です。

 

マイケル1.JPG

 

彼の写真はいわゆる風景画のようなものとは違い、自然の中にある人の痕跡、

時間の記憶のようなものがどの写真にも同居しています。

それは見る人の遠い記憶を呼び覚まし、かつて見たことのある「心象風景」へと導きます。

現代社会に何某かを示唆するものでありながら、美しい風景としてのバランスも見事です。

詩的でありながらリアルな描写。見えるものと見えないものの境界。

この写真を見ていると、「原風景への誘惑」とでもいうような、そんな言葉が浮かんできます。

私にとってこの写真に出会ったころの「かつての自分」とも対話をしたような。。

そんな貴重な時間にもなりました。

 

 

マイケル5.JPG

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 14:14 | アート・芸術のこと | comments(0) | - |
コメント
コメントする