CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
<< インテリアコーディネート(カーテン) | TOP | 東松山の3世帯住宅(大工工事2) >>
大田区の2世帯住宅(木組み開始)

棟上げ1.jpg

大田区の2世帯住宅。約2日間で木構造を組み上げました。

総勢10名の大工衆が各部の担当を受け持ちます。

基礎のころはまだ平面で、骨組みが立ち上がると空間が立体的に見えてきます。

近くにお住まいの施主さんも駆けつけ、構造体と空間の大きさに驚かれていました。

平面と立体とでは、広さや大きさの感覚は全く違うんですね。

 

IMG_5434.JPG

この家は上下階で分けられた完全分離型の2世帯住宅。

2階に上げってみると、日の入り方や見える景色、設計段階で思い描いていた部分が現実に見えてきます。

がらんとした骨組みだけの景色。完成したらもう見ることはできませんが、この時の現場は一番活気に満ちています。

納屋のような簡素さと、真新しい木材の香りが充満していて、清々しいものです。

構造材の選定は土台や柱はヒノキを使用。長期的な耐久性を考えての選択です。

 

IMG_5438.JPG

2階のリビングから見える景色。天井が高く気持ちのよい場所になりそうです。

 

IMG_5441.JPG

2階の骨組み状況の確認。カッコつけてますねぇ。

柱をナデナデしながら心の中はウキウキです。

でも検査の目はちゃんとキビしい(笑)

 

 

posted by Toki Tsuboi | 21:04 | 現場のこと | comments(0) | - |
コメント
コメントする