CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOIARCHITECTS OFFICE
<< 越谷の住宅(現場進行中) | TOP | 天井板施工中(越谷の住宅) >>
世田谷の住宅【基礎工事】

031701.jpg

世田谷の住宅は現在基礎工事が進んでいます。

基礎のまわりに敷かれているのは防草シート。これから春になる現場は雑草との戦い。

このシートは後から敷くこともできますが、現場の作業のしやすさも含め先にシート敷きを行いました。

 

基礎は現在では主流のベタ基礎工法です。

ベタ基礎とはコンクリートの床と立ち上がり部分が一体になった工法で、地震の横揺れに強く地盤沈下

が起きにくい工法です。

 

031704.jpg

床下空間は室内と同じ温熱環境をつくるため、基礎断熱工法を採用しています。

コンクリートの基礎に直接断熱材を貼り付けて、1階の床から熱が逃げるのを防ぎます。

主に東北エリアでよく使われてる方法です。

 

関東地域では床下を自然換気し、外気を取り込む工法を採用する会社もまだまだ多いですが、

私の設計では、関東であってもこの基礎断熱を標準として考えています。

経験から住んだときの足元の体感温度はかなり違ってきます。

 

床下には、さまざまな設備配管や、空調ダクトなどが入ります。

床下の温度も一定に保っておけば、設備配管のエネルギーロスも減らすこともできるますし、

湿気やカビなども起きないため、縁の下をどのように造るかはかなり重要なことなのです。

来週からはいよいよ木構造の工事がはじまります。

棟上げの様子はまた次回にレポートしたいと思います。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 23:07 | 現場のこと | comments(0) | - |
コメント
コメントする