CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOIARCHITECTS OFFICE
<< レストランストックホルムにて | TOP | 「人」がつくるということ。 >>
土木展に行ってきました。

no1.jpg

六本木の2121designsightで開催されている「土木展」に行ってきました。

土木技術は私たちの生活に最も身近なものでありながら

改めて土木って?聞かれるとなかなか説明のしにくい世界です。

 

思い返せば土木のことって、こどものころに砂場で山や川をつくったり

土木車両のミニカーや図鑑なんかで、触れていたような記憶はあります。

大人になってから改めて、土木について突っ込んで学ぶ機会はほとんどないですし、

地理なんてまさにマニアの領域です。

 

日々建築に関わっている私も、正直、土木のことはあまり詳しくはなく、

業界的にも縦割りなので、とても近しい分野であるにもかかわらす、

案外横のつながりはありませんでした。

 

今回そんな土木の世界を紹介する展覧会がやっていたので

お父さんも勉強のために、娘と一緒に見に行くことにしました。

 

no2.jpg

地形の成り立ちを砂遊びで体験できる展示。

こどものころ当たり前にやっていた砂遊び。砂が盛り上がると等高線(標高)が変化し

いじくればいじくるほど、状況が変化していく様子は楽しいです。

 

no3.jpg

掘って低くなりすぎると、そこにはバーチャルな水が表示されてきます。

雨水がどんどん溜まっていく様子も、むずかしい理屈なしで直感的に理解できますね。

 

no4.jpg

こちらは、砂山の標高を色で表したもの。

掘って低くしていくと水が溜まるところはブルー、山になったところはピンクに色分けされ

ていきます。おもしろいのは砂山の上に手をかざすと、影になった部分に雨が降ってきたりと

とても工夫されていました。

 

no5.jpg

これはアリの巣的な模型展示。何と渋谷の地下空間を模型で再現したもの。

この会場までこの空間を通ってきた人もいるでしょう。

土木的な広大なスケールですが、いつも身近で利用している地下空間であることから

距離感もとてもよくわかります。表には見えない土木技術が創りだす風景です。

 

no7.jpg

こちらは、ダムをカレーで表現した展示(笑)

ごはんでカレーを塞き止める。「ダムカレー」

おいしそう、ではなく「美しい」と言って欲しい!製作者からの渾身のコメントです。

 

no6.jpg

帰りに買った記念品。

ケーキやプリンをこれで掘ってみようと思います(笑)

 

 

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 22:12 | アート・芸術のこと | comments(0) | - |
コメント
コメントする