CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
<< あいさつ | TOP | 丘のある家・ソーラーハウス >>
稜線を臨む家
山梨県の明野村で進行していたH邸が完成しました。
南アルプスが一望できる60代のご夫婦のための終の住処です。

大自然と向き合いながら終の住処としてどのような環境を設えるかが設計のテーマとなりました。
緩やかな屋根勾配をもつ平屋の家。南アルプスに開く大きな窓。自然光の入る明るい空間。

将来の生活環境を想定し、各部の寸法や材料の選定にも十分な配慮を行ないました。
身体の負担となるメンテナンスを極力少なくし、寒暖のはげしい気候に耐えるための性能を確保するため
外壁にはガルバリウム鋼板を採用しました。

日照時間が日本一長いこの地域の特性を生かして自然の光を取り入れた明るい空間をつくるとともに
屋根面に太陽光発電パネルを設置することでライフサイクル・エネルギーの抑制を図っています。

室内はワンルームプランを基本とし、生活動線の合理化を計ると共に温熱環境を一体として考えることで
トイレや浴室との寒暖の差をなくし、身体に負担のかからない環境づくりを行なっています。

その他、パッシブな環境制御装置として窓の外側に木の格子戸を設け、
夏の日差しを遮るフィルターであると同時に防犯としての機能をもたせました。
その単純で素朴な装置は外観に柔らかな表情を与えています。

この場所でこれからの人生を存分に楽しんでいただけるように・・そんな想いを込めて設計させていただきました。
名前は「稜線を臨む家」にしようかな・・と思ったりしています。
年明けには作品集に写真をアップしたいと思いますのでお楽しみに!


12

posted by Toki Tsuboi | 12:06 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
コメント
コメントする