CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
<< H邸上棟 | TOP | 取り組み >>
名作訪問
秋の連休に東京郊外にある「江戸東京たてもの園」に行ってきました。

ここに建築家前川國男の自邸が移築されています。設計はもちろん前川國男。日本の住宅史に残る名作です。少し前に「美の巨人たち」というテレビ番組でも紹介されていました。ここには大正・昭和のおもしろい建築がたくさんあって、実際に中に入って見学することができます。今日のお目当てはこの前川邸と小出邸という2つの住宅を観ること。小出邸は建築家の堀口捨巳が設計した住宅で、こちらも大正時代の名作です。

前川邸1前川邸2前川邸3

前川邸(写真上)は1942年(昭和17年)に建てられました。戦後の物資が乏しい時代、柱に電柱を使うなど質素な材料で造られてはいるものの、内部には驚くほどモダンな空間が広がっています。生活空間としても様々な工夫がなされていて、とても住みやすそうな感じがします。図面をみると「女中室」という部屋もあったりして、ここでの暮らしを伺い知ることができます。今日は建築の専門の人よりも一般の方がたくさん来ていましたが、この家をとても気に入った様子で設計したのは何ていう人ですか?とガイドさんに聞いていく人もたくさんいました。やっぱりいい空間というのは誰の心にも届くということを改めて感じます。


小出邸1小出邸2小出邸3

そして堀口捨巳が設計した小出邸。(写真上)この住宅は更に古く1925年(大正14年)に建てられました。コチラも驚くほどモダンな住宅です。日本の伝統とヨーロッパのモダニズムを融合させたデザインで、当時としてはとても斬新な住宅だったことでしょう。内部には凛とした空気が漂っていて、気品に満ちた空間が広がっています。コーナーから入るアプローチ空間も素敵です。フラットルーフが水平に延びる外観は今見ても色あせることはありません。

ほかにもいろいろな建物がありますが、江戸東京たてもの園は「意外に面白いところ・・」ですのでご興味のある方は一度いらしてみてはいかがでしょうか。→江戸東京たてもの園




posted by Toki Tsuboi | 19:51 | 建築のこと | comments(0) | - |
コメント
コメントする