CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
<< TB邸が竣工しました。 | TOP | 今年も・・ >>
夏の冷床
 先週末、amonaのオープンハウス(以下OH)が終了しました。

前回OHは冬だったこともあり、AMONAの標準仕様である蓄熱式床暖房の暖かさが来場者の注目を集めました。蓄熱式床暖房が入っている床の仕上にはタイルを採用していますが、これは蓄熱暖房効果を最大限に発揮させるためのもので、床下にある蓄熱層の熱がダイレクトに伝わることから低い温度設定でもその効果を十分に得ることができます。床がタイルというのは日本ではまだめずらしいですが、実際に体感するとあまりの心地よさに「うちもタイルにします!」と言われる方が多いです。

このお宅も蓄熱暖房の床にはタイルが採用されました。冬の暖かさは冒頭の通りですが、夏はヒンヤリとした心地よい冷たさがあります。一般的に家の床下は空洞になっている場合がほとんどですが、この家では蓄熱層として床下に砂利がビッシリと敷き詰められていることから床下からつながる地下の熱もジンワリと室内に伝わるようになっています。地熱の特性は冬はあたたかく、夏は逆に冷めているので、地下の冷たさが蓄熱層に伝わり、夏はほどよい「蓄冷効果」を発揮してくれます。

今回のOHは夏なので外はそこそこ暑かったのですが、このタイルの床は思った以上にヒンヤリと冷たく、座ったり、寝転がったりすると本当に気持ちがいいことを実感できました。冬は電気で蓄熱させますが、夏はエネルギーを必要とせず、自然の力で冷たくなるのでこれはかなりオススメです。これがあれば夏のエアコンの使用を抑えることができそうなので、家庭のCO2削減にも効果があると思われます。

私たちが提案する環境と住み心地を両立させるための手法として一役買ってくれるアイテムの一つになりそうです。


冷床1冷床2
みんなで床の冷たさを体感しました。      寝てみると本当に気持ちいい♪ 私、いつのまに撮られてました・・。



posted by Toki Tsuboi | 12:24 | デザインの手法 | comments(0) | - |
コメント
コメントする