CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
<< 甲府S邸が完成しました。 | TOP | おいしいおやつ >>
大地を臨む
山梨の山岳風景は美しい。富士山が見える富士吉田の風景も美しいが、ここ明野の大地には南アルプスのすばらしいパノラマが広がっている。

明野で小さな住宅を設計させていただくことになった。少し前の話になりますが、敷地を拝見するため車で明野まで行ってきました。富士吉田から車で約1時間。明野にさしかかるとあいにく天候が悪く、深い霧につつまれてほとんど前が見えない状況に少々困惑・・。

山の天気というのは変わりやすく不安定。現場に着いたら少しでも晴れてくれるとありがたい。敷地から見える風景を楽しみにしていたこともあり、敷地に向かう車の中で想いを馳せる。この敷地をご購入予定のHさんと現地で待ち合わせ。

明野の大地に立ち、空気の濃さを感じる。車を降りると、さっきまで霧で隠れていた山々が少しずつ姿を現してくれた。目の前に広がる南アルプスの山々・・。本当に美しい風景だ。なだらかに広がる山々は私たちに大地の存在を気づかせてくれる。あの空と大地の間にいくつもの空気の層を感じることができる。

この大地とともにある暮らし。それはきっと地に足が着いたゆるやかな空間をもつ平屋の家がふさわしい・・。このイメージを新鮮なうちに持ち帰って、Hさんにとってのここでの生活を私なりに整理してみようと思う。はたしてどんな住宅が出来上がるのか・・私自身とても楽しみにしている。

H邸
 敷地から見える南アルプスの風景

posted by Toki Tsuboi | 20:45 | デザインの手法 | comments(0) | - |
コメント
コメントする