CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
<< 講演会のお知らせ | TOP | エコロジー >>
ご縁でのご紹介
今月末まで渋谷のユーロスペースにて、「ご縁玉」という映画が上映されている。
先日、以前勤めていた事務所の先輩Tさんから連絡があり、ヒマなら映画を見に来いという。勤めていた当時、右も左もよくわからない私に社会教育を施してくれたよき先輩で、そのせつはいろいろとお世話になった(笑)ほかならぬ先輩の誘いだし、二つ返事で行くことにした。

先輩Tさんは私と同じ建築の仕事をしている。最近仕事でよくパリに行っていたそうで、ご縁があってこの映画を撮った江口監督とパリで知り合いになったそうだ。その監督がこの日映画館に来て、舞台挨拶をするというので、人もたくさんいたほうがよいからお前も来いというワケである。

そういう誘いも何かの縁。親しい人からお誘いがあったときには時間の許す限り、極力出向こうと思っている。自分では行かなかったであろう場所に人の縁で行くこともなかなか楽しいことだ。映画のタイトルも「ご縁玉」というらしい。正直こういう映画が今やっていることも知らなかったし、知っていたとしても自分で行ったかどうかはわからない。そう考えると余計に行ってみたくなった。

映画は自らのガンと戦う日本人女性(山ちゃん)と、ベトナム人の孤児でフランスで育ったのチェロ演奏者(エリック)との心の交流を描いたドキュメント映画。エリックと山ちゃんは最初知人の紹介でパリで知り合う。エリックは山ちゃんが日本に戻ったあとに病気が再発したという事実を知り、大分にある彼女の家を訪ね、彼女のためにチェロを演奏するところから始まる。

そして病気である彼女と共に大分の病院や老人ホーム、親のいない子供たちの施設を一緒のまわりチェロを演奏していく。チェロというのは人に近い楽器という話があるらしい。奏でる音も人の声とよく似ているのだそうだ。人の心と魂がつながっていく「いのちの授業」。江口監督は淡々とその様子をカメラに収めている。

「ご縁玉」は渋谷のユーロスペースにて1月末まで上映中です。
上映は朝10:30〜の1回のみです。
公式サイトはコチラ
ご縁玉

ご興味があるかたは行ってみてはいかがでしょう。
こうして告知している私ですが、これもまあ何かのご縁ということで。

posted by Toki Tsuboi | 20:13 | アート・芸術のこと | comments(0) | - |
コメント
コメントする