CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
新事務所が完成しました。

CIMG3474.JPG

CIMG3493.JPG

このたび新事務所へ移転することになりました。

7月に内装工事を行い、本日引渡しです。工事を担当してくれたみなさんに感謝です。

9月より、心機一転この場所で再スタートする予定です。

 

現在の事務所が少々手狭となり、予てから移転先を探していました。

移転先を探しはじめて約1年、いろいろな方とのご縁があり、この場所に決めることにしました。

 

新しい事務所は小田急線「豪徳寺駅」徒歩1分。

「森ビル4階」となります。ちなみに名前で決めたわけではありません(笑)

 

8月は移転月間とし、移転完了後にまたご報告させていただきます。

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

今後共よろしくお願いします。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 01:22 | 日々のこと | comments(0) | - |
このような賞をいただきました。

IMG_1296.JPG

新年早々、このような賞をいただきました。

建築、インテリアのウェブサイトhouzzにて、2017Best of houzzのサービス部門賞です。

サイト上ではありますが、昨年度最も施主の満足度の高かった建築家(専門家)として

評価をしていただきました。

 

普段「賞」には積極的に応募はしていないので、突然このようなお知らせが届いたのには

少々驚きましたが、サイト上で施主のみなさんから寄せられたコメントが評価の対象となっている

ようで、いわば施主のみなさんのおかげでいただいた賞です。

本当にありがとうございます。

 

普段の仕事ではコミュニケーションの中で信頼関係を築き、

施主さんに喜ばれる仕事をすることを第一に掲げてきました。

家づくりに関わる中で思うのは、この仕事ははじめから答えが用意されているものではいということ。

その都度、施主さんと向き合いながらその方にとって一番納得のいく答えを見つけることが大切だと思っています。

今回、完成したお客様からの評価をいただいたのは本当嬉しいですし、私にとって大きな自信となりました。

 

これからみなさまに喜んでいただける仕事を目指して

がんばっていきたいと思います。

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 20:33 | 日々のこと | comments(0) | - |
こどもたちの居場所

IMG_0414.JPG

 

昨年末につくばに完成した「こどもたちの家」に娘を連れて行ってきました。

こどもだけでなく、大人も童心に還って楽しく過ごしてもらえるように、そんな思いをこめて

設計した建物です。

 

こどもたちはどんな環境でも、心地よい場所を探し出す天才です。

直感的に、感覚的に自分の居たい場所を自分で選んでいくのです。

かつてこどものころに持っていたそんな感覚を、私もこの仕事を通して

思い出したような気がします。

 

建物が完成したら、密かに娘をここに連れてきたいと思っていました。

オーナーのHさんご夫妻や、Yさんも快く迎えてくれました。

存分に空間を使い倒すこどもたちのパワーに、娘はおっかなびっくり。

はじめは「帰りたい〜。」と大泣きするかと思いましたが、

わずかな時間の中で、彼女なりに自分の居場所を見つけたようです。

 

どれだけのことが伝わったかわかりませんが、

幼少期を過ごす環境の一部として、彼らの役にたってくれることを

期待しています。

 

IMG_0413.JPG

 

IMG_0402.JPG

 

 

 

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 00:35 | 日々のこと | comments(0) | - |
家売るオンナ

「家売るオンナ」というドラマを見た。

 

昔に比べてテレビドラマを見る時間は少なくなったが、このお盆休みの束に、ふとテレビをつけたら

このドラマがやっていたのだ。

 

「家を売る」という乾いた響き。

日々の仕事から自分が最も遠ざけてきたものだ。

僕は家は売り買いが目的のモノ(物件)ではないと思っている。

不動産として見れば、土地や家はまさしくモノ(物件)であり

顧客は不動産としてその家を購入する。

言うまでもないが、不動産は相場という見えない指標で価値が決まる。

同じ広さ、同じ仕様の家であっても

相場が違えばその価値は雲泥の差となる。

そこに住むのが人であれば、それを売るのも人である。

そういう不動産業界にフォーカスをあてたドラマ。

このドラマは何を表現しようとしているのか。。

単純にそこに興味が沸いたのだった。

 

このドラマでは実にいろいろな物件が登場する。

売られる家もさまざまな事情を抱え、ひとつとして同じ家はない。

家政婦のミタのような不動産契約ナンバーワンの主人公(北川景子)が

「家に罪はない!」と吠えるセリフは見ていておもしろかった。

主人公にもいろいろ深い事情がありそうだが、それはまたこの先のお楽しみとしよう。

 

家とは、家を売るとはどういうことなのか。

家を買うのが人であれば、家を売るのも人である。

家はそこに住む人の数だけさまざまな事情や物語がある。

ただの「物件」として家を処理することが本当に正しいのか。

家を扱うことは「人」の尊厳にかかわる仕事(仕える事)ではないのか。

原作者のそんな言葉が聞こえてきそうだ。

 

次回の放送も楽しみにしている。

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 23:21 | 日々のこと | comments(0) | - |
頂上から
08025.JPG
夏の富士を頂上から眺める。

人生2回目の富士登山。

ようやく到達することができました。

08024.JPG
2日間かけての山登り。

昔はさほど興味を持たなかったけれど

仲間たちと一緒にここに来てみて、わかったことも。

08021.JPG
きちんと準備さえすればお年よりからこどもまで、誰でも頂上まで登れる。

それがこの山の魅力だろう。

誰でも登れるが、決して優しくはない。

登っているときは、ただただ頭の中は真っ白・・。

時折見せてくれる美しい景色。

08022.JPG
頂上にて朝日を見た。

今日、山に登ることが少し好きになった。

たぶん。

ああ、筋肉痛バキバキです・・。
posted by Toki Tsuboi | 22:06 | 日々のこと | comments(0) | - |
新年あけましておめでとうございます。
日の出.jpg


新年あけましておめでとうございます。2015年がスタートしました。

夫婦で設計事務所を立ち上げて今年で10年目を迎えます。
これまでにたくさんの方々と出会い、多くの経験と成長の機会をいただきました。
私に設計をご依頼いただいた施主の皆様、工事を担当いただいた建設会社の皆様
所属させていただいている団体の皆様、本当に感謝申し上げます。
これからも変わらぬご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

さて、今年も各地でプロジェクトが進んでいます。
その内容を少しだけご紹介・・。
つくば市で心療内科クリニック+住宅の計画が進行中しています。
私にとってはじめての医院建築です。リラックスできる住宅のようなクリニックがコンセプト。今年末の完成です。
軽井沢では別荘の計画が進行中で、緑豊かな自然環境の中にモダンな平屋の住宅を計画中です。
練馬区では、住宅一軒のフルリノベーションの計画が進行中です。こちらは現場がまもなくはじまり、
この春の完成を目指します。
その他ご提案中のプロジェクトなど、今年も充実した1年となりそうです。
施主の皆様のよりよい環境づくりにこれからも貢献していきたいと思います。

プライベートでは、娘がもうすぐ3歳となります。
言葉もたくさん覚え、少しずつ会話ができるようになってきました。
仕事の合間に、娘や家族と過ごす時間がとても楽しみです。
当たり前のことですが、こういう時間を大切にしたいです。

去年の夏、人生ではじめて富士山に登りました。
不覚にも頂上は断念しましたが、今年は頂上に到着できるようにがんばりたいです。
写真は8.5合目の山小屋で迎えた日の出。記憶に残る静かで清清しい時間でした。

今年もたくさんの方と出会い、公私ともに素敵な時間を
共有できることをとても楽しみにしています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。





 
posted by Toki Tsuboi | 23:26 | 日々のこと | comments(0) | - |
「たんけん」はじめました。
 世田谷区内にある同業者の仲間たちと(おおむね三軒茶屋近辺の・・)

「世田谷建築家の会」という集まりをつくっています。

略して せたけん(笑)

先日、せたけんの仲間と、世田谷にある名所をめぐるツアーを企画。

略して せたけんたんけん(笑)

ということで、第1回目は、駒沢オリンピック公園にやってきました。

3.jpg
緑豊かな駒沢公園。自分たちの目線で、歩いて楽しもう。

1.jpg
メインスタジアムの中をみんなで散策。450円で中に入れます。 ブルーのトラックを1周。
あの庇は何のためについてるのかな?とか言いながらテクテク歩きます。
→スタジアムの半分は実は目黒区であることが判明。

4.jpg
体育館の増築部分ではアプローチ空間の床レベルについて、意見交換。
そうか、昔はこっちが入口だったから、ここは天井が低いんだな!とか・・
→当事者たちしかわからない会話です(笑)

終わったあとはカフェに移動して、本日のミーティンング。→そのあとは飲み会に(笑)

今後もいろいろ楽しい企画を検討中です。


posted by Toki Tsuboi | 11:01 | 日々のこと | comments(0) | - |
誕生日
昨年の4月、我が家に女の子が生まれました。
あれから1年、先日娘の1歳の誕生日を家族で祝いました。

結婚して10年、夫婦ふたりで建築設計事務所を切り盛りしながら、
仕事中心の生活を送ってきましたが、娘が生まれてからは仕事だけではなく
子育てに関わる時間も増えました。

仕事のパートナーだった妻は、出産と同時に第1線を離れ、今は育児に専念する毎日です。
仕事では残された私(笑)と、非常勤のスタッフに参加してもらいながら、日々の業務にあたっています。
新しい人が加わることで、新たな視点やアイデアが出てきて新鮮です。
こういうメリットは大きいので、事務所の組織化も徐々にしていきたいと思うようになりました。

子どもがいると、やはり生活の時間帯も変わるので就業時間を見直し、
朝は早めに仕事をはじめることで夜遅くまでは仕事はしないようライフスタイルを変えました。
仕事の効率はもちろん、健康面でもコレはやってみてよかったようです。

振り返ればかなり忙しい1年でしたが、仕事も子育ても充実し楽しい時間を過ごすことが
できたように思います。これから毎年よい時間を積み重ねていけたらうれしいです。
妻は体力的にとても大変な1年でしたが、持ち前の明るさは以前よりパワーアップしています(笑)

子どもの成長は日々目を見張るものがあります。
生まれたばかりのころは本当に何もできない赤ちゃん、という印象でしたが
1歳になると、徐々にいろんなことができるようになってきました。

私たちも親としては1年生、子どもからいろいろなことを教わったように思います。
これからは彼女が私たちの先生・・そんな気分です。

ちなみに娘と私の誕生日は10日だけ離れています。
今年から私の誕生日がなくなったのは言うまでもありません(笑)
この子とともに、これからの生活を楽しみたいと思います。

ブログ.jpg
一升餅と誕生日ケーキ。

 
posted by Toki Tsuboi | 15:04 | 日々のこと | comments(0) | - |
謹賀新年
 新年あけましておめでとうございます。

2012年がはじまりました。元日からは初詣やお互いの実家に挨拶に行くなど

少しの間でしたが、お正月気分を楽しみました。

今年で私は40歳。(とうとうやってきましたか・・)

仕事面ではますます働き甲斐のある年齢になり、プライベートでは

心身の健康にも注意を払わなくてはいけない年齢になりました。

今年は公私ともに少なからず変化が生じる年になりそうなので、

できるだけゆとりを持ちながら、うまくバランスをとることが自身のテーマ。

また、40歳になることを期に、体調管理の面でも何か夢中になれるスポーツを始めたい。

そんなことを画策中です。

さっそく同業の友人からは、マラソンを勧められたり、

また、学生時代の友人からはゴルフを勧められたりと、

方々から魅力的なプレゼンを受けています(笑)

さて、今年最初の仕事は、新しいお施主さんとの面談です。

20坪の小さな住宅の建て替え計画、しっかりヒヤリングしてきたいと思います。

今月は横浜のリフォームが着工を控え、見積もり調整や実施設計、

また新たにはじまる案件を含めいくつかのプロジェクトが同時進行します。

こういうときほどゆとりを持って、1つ1つ着実に進めていきたいと思います。

今日から仕事はじめ。

みなさま、本年もよろしくお願い申し上げます。



posted by Toki Tsuboi | 10:54 | 日々のこと | comments(0) | - |
仕事納め
今日は事務所の仕事納めです。

この年末は、感慨にふけるひまもなく、怒涛のように仕事をこなした年末になりました。何とか切り抜けた・・。今はそんな思いです。でも思い返してみれば、年のはじめは順風万班というわけにはいかず、春に大震災があったりと、心穏やかではない時期もありました。

特に震災があってからは、建築の市場も停滞し、東北では数え切れない方々が、身内や家をなくし、より所となる支えを失いました。1人の人間として心を痛め、また建築という仕事に就いている自分にも何かできることはないか、という強い思いがこみあげてきました。使命感のような感情ではなく、深い穴から這い上がろうとする人にまずはつかまる道具を渡したい、そんな気持ちでした。

震災から2ヶ月後に現地を訪問。そのときに見て、感じた経験はきっとこの先も忘れることはないでしょう。秋には仮設住宅のプラン集が出版され、応急仮設住宅の提案活動にも参加することができました。こういう活動は永続的に、かつ短期目標の積み重ねが必要だと思います。今やれることを精一杯やっていく。自分自身の生き方にも言えることですが。

設計では、今年も多くのご縁をいただくことができました。今年完成引き渡しを迎えたSさん、現在現場が進行中のMさん、実施設計が進行中のKさん、これから見積もり作業に入るWさん、Mさん、また今から設計をスタートされるSさん、みなさんとの家づくり、私も本当に楽しくやらせていただいてます。また、いつも暖かく見守っていただき、本当に感謝しています。

私たちの仕事は、結婚や出産に次ぐ、施主の人生の節目に立ち会うのが仕事。ひとつひとつの設計に精魂傾け、一緒に乗り越えていくだけの覚悟も必要ですが、お引渡しして喜んでいただくたびに、本当にこの仕事しててよかった〜と思います。自分の思いがかたちになるのって、本当にうれしいものなのです。

設計中の施主のみなさん、また工事を担当している工務店のみなさん、現場の各種職人やメーカーのみなさん、プロデュース機関のみなさん、北欧建築デザイン協会の先生方、助言をしてくださる先輩建築家や友人のみなさん、そして私を支えてくれている家族に御礼を申し上げたいと思います。

今年は大変お世話になりました。また来年もどうぞよろしくお願いします!



posted by Toki Tsuboi | 21:14 | 日々のこと | comments(0) | - |