CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


DIARY-TSUBOI-ARCHITECT&ASSOCIATES
軽井沢の家・オープンハウス

P1150615web.jpg

2年前に完成した軽井沢の家で、オープンハウスを開催させていただきました。

紅葉の美しいこの時期の軽井沢は、車での移動中も目を愉しませてくれます。

完全予約制ではありましたが、多くの方々に来ていただくことができました。

今回快くお引き受けいただいたお施主さんには本当に感謝です。

 

e0029115_10073281.jpg

この家は東京在住の御夫妻が移り住むための終の棲家。

転勤が多いご家庭に育ち、世界各国で住んだ家は御夫妻ともに20軒を超えます。

ご結婚されてからも、ともに世界を巡り、過ごされた時間はまるで旅のようです。

軽井沢の地は、御夫妻にとって旅の集大成。この家は文字通り最後の家になることでしょう。

その物語の一部に設計者として関わらせていただけたことは私にとって大変光栄なことでした。

 

IMG_3038.JPG

11月の軽井沢はかなり寒くなっていますが、室内は薪ストーブ1台でもかなり暖かいです。

家具や小物もお施主さんが丁寧に選ばれたもの、薪ストーブからは薪が燃えていく音が微かに聞こえ、

生活の余韻を感じさせます。見学に訪れた方はここがモデルハウスのような商業的住宅とは違う、

住まいに大切なことは何かということをそれぞれに感じ取っていただけたようでした。

 

夜にはこの家と庭づくりに関わったすべてのメンバーが長野、福岡、東京から集まり、

奇跡のような楽しい時を過ごしました。この幸せな時間がきっとこれからもこの家には残り続け

てくことを確信した瞬間でもありました。

 

みなさん、本当にありがとうございました!!

 

 

posted by Toki Tsuboi | 12:04 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
新事務所を開設しました。

新事務所(昼)ブログ.jpg

今日から10月となりました。未だ夏の余韻が残っている感覚があります。

少し前のことになりますが、9月から新事務所に拠点を移しました。

場所は小田急線「豪徳寺駅」から徒歩1分となります。

みなさまとお話ができる時間を大切にしたいと思いから、オフィスの雰囲気ではなく

ゆったりとくつろげる住宅のような空間に仕上げました。

 

家に遊びに来る感覚で、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

尚、住所と電話番号が変更となりました。※メールアドレスは変更ございません。

今後共どうぞよろしくお願いします。

 

新事務所(TSUBOI+ARCHITECS OFFICE)

〒154-0021

東京都世田谷区豪徳寺1−43−1 森ビル4階

TEL 03-6804-4240  FAX 03-6804-4241

 

posted by Toki Tsuboi | 11:38 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
世田谷の住宅(Blue shaftの家)が完成しました。

05.JPG

世田谷で設計・監理をすすめていた住宅が完成しました。

「Blue shaftの家」と名づけようと思います。

 

Blue=青、shaftは動力・伝達用の回転軸という意味があります。

この住宅には屋上までつながる階段シャフトがあります。

シャフトの中にはまわり階段があり、この家のすべての層を貫き

上下階への人の動線や、光と風の動きもコントロールします。

 

都会の住宅地では、南からの日照や、季節風の取り込みなどすべて教科書どおりにできるとは

限りません。住宅街の中を抜ける風の方向や、光の入り方は他の建物の影響も多く、

予想どおりにはいかないことも少なくありません。

 

その状況判断は設計に関わる重要な要素であり、高層になる建物の1階にいかに光を届けるか、

またどのように風を取り込むかは、立体的なアイデアが必要になります。

 

今回は少ない窓でも効果的な明るさの確保と風の抜き方を検討の中心に据えてみました。

結果的に、1階から取り入れた新鮮空気を木の幹のようにシャフトを通じて室内全体に広げるという

シンプルかつ効果的なアイデアを思いつき、設計のコンセプトになりました。

 

人の身体と同じく、このシャフトが体の中心を貫通する背骨のような役割。

その循環が人の健康を保ち、家全体によい血流を促すことにつながります。

 

また、屋上から取り込まれた光はシャフトを通じて上から下へ、壁を乱反射して

他の室内の空間に光を送り、間接的な明るさを得ています。

これも自然の力を利用したパッシブなデザイン手法としての1つの提案です。

完成した家を見て、設計時にイメージしたアイデアがうまくいったことを実感できました。

 

04.JPG

風が通り抜ける格子の建具

03.jpg

階段シャフトから光と風を取り入れる。リビングへとつながるガラス戸

06.JPG

階段シャフトは屋上までつながっています。

 

 

 

posted by Toki Tsuboi | 20:52 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
軽井沢の家(庭工事)

IMG_2502.JPG

2015年に建物の完成を迎えた軽井沢の家。

ゆっくりと進んだ外構工事と植栽工事は、この夏にようやく完成を迎えます。

お庭の工事はガーデンデザイナーの溝口さんが担当。本日も福岡からやってきてくれました。

 

建築工事を担当したハシバテクノスの丸山さんと上條さんも参加してくださり

お庭工事の最終段階をみんなで見届けてきました。

 

IMG_2485.JPG

この家は施主のMさん御夫妻の終の棲家としてつくられました。

定年後に東京から居を移されるそうで、軽井沢に暮らすのが昔からの夢だったと話してくださいました。

少しづつご自身の夢を実現されているMさん御夫妻。本当に素敵だと思います。

 

ウッドデッキや渡り廊下、目隠しの塀や植栽が加わりました。

建物だけだったときよりも、緑が入ると風景が格段によくなり、庭の緑に主役の座を譲るときが

やってきたようです。秋にはこの緑は赤や黄色に染めあがり、きっと美しい風景を見せてくれることでしょう。

秋の紅葉の季節にまたこの家の景色を見に来たいと思います。

 

IMG_2503.JPG

室内の延長にウッドデッキができました。視線が自然と外へ向かいます。

夏は外のリビングですこし遅めの朝ごはん、ブランチとか最高ですね(笑)

 

 

posted by Toki Tsuboi | 20:02 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
生きることをサポートする場所

IMG_1362.JPG

昨年完成したつくばのコミュニティクリニック、こどもたちの家の1年点検に伺いました。

2つの建物は全く異なる用途として造られていますが、内部には共通の空気感があります。

使われている素材が似ていることもありますが、人生を前を向いて生きることをサポートする、

オーナー夫妻の考え方、その誠実さがこの建物たちの雰囲気を決めているように思えます。

 

一年点検は建物の点検と、一方で私にとっては自分自身との答え合わせのような場でもあります。

時間が経って少し客観的に見てみると、オーナー夫妻と一緒に考えて出した答えが、

そう間違ったものではなかったことを実感として持てるときがあります。

今回の点検でもそのことが確認できたような気がしました。

 

こどもたちの家では、元気に走り回るこどもたちの姿がとても印象的でした。

こどもたちは、修理しているところを見るのが面白くて仕方がないらしく、

監督のあとをずっとついて廻っていました。

クリニックと比べて早くもビンテージ感満載ですが(笑)

やはりこどもは元気が一番!

これからも彼らのサポートのできる建物としてあり続けてほしいと思います。

 

 

IMG_1361.JPG

クリニック待合室

IMG_1359.JPG

こどもたちの家へ

 

IMG_1355.JPG

サッシと下駄箱の修繕。みんな現場監督の作業に興味深々です。。

 

 

posted by Toki Tsuboi | 23:12 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
南アルプスを臨むセカンドハウス (小淵沢の家)
020.jpg
今年の春に完成した小淵沢の別荘リノベーション。
先日、写真撮影のためカメラマンの小林氏と現地に行ってきました。
撮影当日は施主のOさんも現地にいらして
事前にインテリアを整えてくださったご様子。ご協力に感謝します。
外観はヨーロッパの古民家のような牧歌的なスタイル。
リノベーションでは外観にはほとんど手を加えず、
今後も維持していくために必要な補修工事のみ行っています。

001.jpg
内部は冬の寒さを改善するため、セルロースファイバーによる断熱補強を行うとともに
水回り設備の変更や床暖房の設置など性能面で大幅なレベルアップを計っています。

009.jpg
インテリアは外観同様ヨーロッパの古民家的なスタイルから、シックで現代的な
インテリアデザインに一新しました。間接照明やペンダントライトなど、夜の光を華やかに
演出するとともに、光が柔らかく、美しく見えるよう壁や天井の色を決めています。

014.jpg
もともと和室だった場所をサロン的なリビング空間に変更しました。
天井の梁を隠すためにつくった低い天井が、ほどよい落着きを生んでいます。
古いアルミの窓を見せたくなかったので、内側に障子を入れてインテリア全体を統一して
見えるようにしています。

障子は両側の壁の中にすべて引き込むことができるので、開ければ外の景色も存分に楽しめます。
今回の障子の升目は少し大きめの割り付けとし、桟もあえて太めにデザインしました。
スウェーデンのソファのもつ素朴な雰囲気との調和や、都会にはない別荘ならではの雰囲気
づくりも大切にしました。

017.jpg

007.jpg
新たに加えられた玄関の内扉。
さきほどの障子と同じく、室内から玄関ドアを意識させないため
のフィルターであり、寒さ対策としても有効な内扉です。
右が玄関、左はパントリースペース。光や視線は抜いて、
全体の開放感は失わないようにしました。

018.jpg
家具で制作した洗面化粧台と鏡収納。
別荘のパウダールームとしてあえて暗めの照明にしました。

019.jpg
非日常的な別荘ならではのトイレ空間のデザイン。
トイレもサプライズ空間に!デザインを決めるときには
施主のOさんと大変話が盛り上がりました(笑)
間接照明の鋭角な光が、壁をアートのように見せています。

切実な寒さ対策からはじまった今回の別荘リフォーム計画。
施主さんのセンスと、私のアイデアを存分に出し合いながら
とても素敵なリノベーションができました。
今度はオールシーズン、また来たいと思うセカンドハウスに
生まれ変わったと大変喜んでいただきました。

写真撮影:ケイ・エスト・ワークス 小林勇蔵


 
posted by Toki Tsuboi | 19:48 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
小淵沢別荘リフォーム
K9.JPG
山梨県小淵沢でリフォームプロジェクトが完成しました。
南アルプスを臨む良好なロケーション。
約30年前に建てられたドイツの古民家を思わせる別荘建築です。
親世代から引き継いだ別荘を、更に次の世代にも引き継いでいくために、
あえて新築ではなくリフォームで残したいというご依頼をいただきました。

デザインはクラシックな要素とモダンで端正な空間との調和を意識しました。
配色や照明のデザインなどは、ここに置かれる家具や思い出の品々、
施主のライフスタイルの背景となるように注意深く選定を行っています。

内部はあえて古民家的なイメージに傾倒することや
流行のリゾートデザインを持ち込むことは控え、
次の世代にも永く使い続けていくために、タイムレスで
できるだけ飽きのこない空間づくりの方向性を目指しました。

K3.JPG
新たにこの場所に追加されたカウンターキッチン。
木製のオリジナルキッチンです。
K10.JPG
ペンダントライトと間接照明で柔らかい光の演出
K4.JPG
和室から和モダンのリビング空間に更新。
内障子は18ミリの桟で組み、素朴で骨太な格子割と
障子紙とのほどよいバランスでデザインをまとめました。
スウェーデン製のソファともとても相性がよいです。
K1.JPG
冬の寒さ対策で設けられた玄関の内扉。深いブルーでアクセント。
手前のキッチンカウンターは水平面として重い感じにならないように、
薄い板が浮いているのように表現しました。

K6.JPG
トイレ内部のインテリア。背面壁のブルーと間接照明のシャープな
光で、ジェームズ・タレルのような異次元的な空間となりました。




 
posted by Toki Tsuboi | 21:59 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
つくばの家(みんなの家)が完成しました。
クリニックの隣りに、つくばの家(みんなの家)が完成しました。
外観1のコピー.jpg
紅と白のボリュームをもつキュートな外観。
深いひさしのある縁側は、この家の2つのボリュームをとりもつ緩衝地帯。
玄関であり、縁側であり、外のリビングのような場所。
内と外の空間を緩やかにつなげる日本の伝統的な空間です。

外観2のコピー.jpg
紅い切妻屋根の中は一体どんなふうになっているのでしょう。。
こどものころに感じたそんなワクワク感を大切に。。

デッキ1.jpg
雨でもちょっと立ち話ができたり、
暑い日は日陰で涼んだり、外でご飯をたべたり、
水遊びをしたり、ハンモックでお昼ねしたり・・
丸太の柱の間をぐるぐる回ったり。。
生活の余白を楽しんでみよう。

続きは次回。。
posted by Toki Tsuboi | 21:52 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
コミュニテイクリニックが完成しました。
001.jpg
茨城県つくば市で「コミュニティクリニック」が完成しました。
ここはメンタルクリニックで現在もつくばで開業しています。
クリニックの性質から「住宅のような居心地のよいクリニックにしてほしい」という院長からのリクエスト。
当方の住宅設計の経験を存分に生かしながら「暮らしの中にあるクリニック」という
コンセプトで設計をすすめてきました。
003.jpg
実は設計を開始したのは今から約3年前。。
さまざまな事情があり、3年の時を経てこのクリニックは完成しました。
院長やスタッフの方々はもちろん、私にとっても本当に完成を待ちわびたクリニックです。
完成までに協力をしてくださったすべての方々に心から御礼を申し上げたい。

011.JPG
各部屋を少しだけご紹介。ここはクリニックの待合室。
気軽に相談できる友人の家のように。住宅のリビングをイメージした待合室となりました。
くつろぎながら「待つ」ことも大切な時間です。

009.JPG
診察室の内部について、色は人の心理にさまざまな印象を与えます。
白が多くなりがちなクリニックの空間ですが、できるだけ緊張が和らぐ場所にしたかったので、
あえて診察室は色のある空間とし、相談者の方にはリラックスしてお話ができるように配慮しました。
照明も暖色系ものを基本とし、心に不可のかかりにくい環境を整えています。
空間だけでなく、「心のバリアフリー」を目指しました。

006.JPG
ここは身体を動かすためのリハビリテーションルーム。
簡単な運動から、本格的なスポーツまで対応できます。
パートナーと組んで行う「スカッシュ」もまたリハビリに役に立つスポーツ。
写真はスカッシュ界では有名な選手と、院長の息子さん。
教え方もさることながらこの数時間でみるみる上達!
息子さんのポテンシャルの高さにみんなびっくり(笑)

013.JPG
リハビリ前室のホール。
外からの自然光をさえぎらないように、スケルトン螺旋階段を設置。
階段は機能だけでなく美しさも大切な要素です。

また、クリニックで働くスタッフのみなさんにとっても、
働きやすく、居心地のよい場所になってくれたらうれしい。

来年の2月にコミュニテイ・クリニックはオープンします。


 
posted by Toki Tsuboi | 23:51 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |
軽井沢の別荘・完成写真(その1)
軽井沢1.jpg
軽井沢2.jpg
軽井沢11.jpg
軽井沢7.jpg
軽井沢8.jpg
軽井沢4.jpg
軽井沢5.jpg
軽井沢6.jpg
軽井沢3.jpg
軽井沢の別荘は第一クールの完成を迎えました。
これから冬を迎える軽井沢。
来年春の暖かくなったころから、第二クールの工事に着手します。
ウッドデッキや渡り廊下、門や塀を整えた美しい
お庭をつくる予定。こちらのプロジェクトの様子も
今後ブログにアップしていきますのでどうぞお楽しみに!

 
posted by Toki Tsuboi | 21:42 | 完成住宅事例 | comments(0) | - |